Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

鎌倉編・・・続きましては「長谷寺」へ。
もちろん観音様が有名ですよね~^^

では、中へと。

kamakura09.jpg

おキレイな観音様にお目にかかれそうな感じですねっ!(^0^)/

あぁ~、その先には相模湾のGoodな眺望も開けますね~

kamakura08.jpg

・・・それにしても、肝心の観音様のお姿はいずこに???
え?撮影禁止の建物の中?(T-T)

仕方ないです。。。阿弥陀如来さんの像(←こちらは何故か撮影OK???)で。

kamakura10.jpg

さて、ここでクイズをひとつ。
そもそも、観音様は男性でしょうか?女性でしょうか?

・・・うんうん、見た目は確かに女性なんですが、経典などではお釈迦様が観音さんに向かって、「善男子よ」と呼びかけたり、また「観音大士」という言葉もありますので、本来は男性であったと考えられているそうです。。。ただし、観音経では「婦女身得度者、即現婦女身而為説法」と、女性には女性に変身して説法するともあるため(←このあたりは妙に説得力がありますねっ・笑)、次第に性別は無いものとして捉えられるようになったんだそうです・・・てことは、ニューハーフっ???(←例えが俗っぽすぎっ!・笑)

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はまず「長谷寺」について。

Kaikozan Jishouin Hase-dera, also known as the Hase Kannon Temple, is one of the great Buddhist temples in the city of Kamakura in Kanagawa Prefecture, Japan, famous for housing a massive wooden statue of Kannon (Goddess of Mercy). The temple is the fourth of the 33 stations of the Bandou Sanjuusankasho pilgrimage circuit dedicated to the goddess Benzaiten.

The temple originally belonged to the Tendai sect of Buddhism, but eventually became an independent temple of the Jodo shu sect.

では続きまして、その「長谷観音」さんも。

The statue is one of the largest wooden statues in Japan, with a height of 9.18 metres (30.1 ft), and is made from camphor wood and gilded in gold. It has 11 heads, each of which represents a different phase in the search for enlightenment.

According to legend, the statue is one of two images of Kannon carved by a monk named Tokudo in 721. The camphor tree was so large, according to legend, that he decided that he could carve two statues with it. One was enshrined in Hase-dera in the city of Nara, Yamato Province, while the other was set adrift in the sea to find the place that it had a karmic connection with. It washed ashore on Nagai Beach on the Miura Peninsula near Kamakura in the year 736. The statue was immediately brought to Kamakura where a temple was built to honor it.

The temple also commands an impressive view over Kamakura’s bay and is famous for its hydrangeas, which bloom along the Hydrangea Path in June and July. The temple is built on two levels and also includes an underground cave. The cave, called benten kutsu cave, contains a long winding tunnel with a low ceiling and various statues and devotionals to Benzaiten, the sea goddess and the only female of the Seven Lucky Gods in Japanese mythology.

・・・という感じでしょうか。

それにしても・・・十一面もあるとなると、いっぺんに喋り始めたら、さぞかしうるさいっス。
きっと、いろんなコト、言うよね~(←ニューハーフ世界一の方みたいなオチだねっ・笑)


※さて次回はいよいよブログ記事が連載100本目デス。
 今後も続いていくように、「あの場所」へ、願掛けに行くとしましょう!
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。