Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

祝!連載100回達成!
・・・というわけで、本日は更なるブログ発展を祈願し、あの場所へ。。。

やってきたのは「鶴岡八幡宮」。
100本目にふさわしい舞台デスねっ!

kamakura11.jpg

早速ですが、この「八幡宮」の看板には動物が隠れています。
それはいったい何でしょうか?

正解は・・・

kamakura12.jpg

「鳩」なんですね~。
おりしも政界でも「鳩」の天下になりました^^。。。タイムリーでございますねっ(笑)

では何故、「鳩」なんでしょうか?

鶴岡八幡宮さんでは古来より鳩を「神の使い」としており、
「鳩宮」という別称もあるほどなんです。

またお土産の「鳩サブレ」も有名ですが、
この、八の字を鳩が向かい合わせにした豊島屋さんのロゴも、
それにちなんだものなんだそうです。

では中へと。。。でもってブログの益々の発展と、それを支えてくださるご来訪者の皆様のご多幸を祈願しておきますねっ!

・・・さて、ではあの場所へ行ってみましょうかね~

kamakura13.jpg

おおぉっ!ありましたね~ココは、鎌倉幕府三代将軍、源実朝さんが、甥っ子の公暁さんによって暗殺された場所・・・公暁さんはこの「大銀杏」の木に身を隠して、待ち伏せしたんです。

さらに先へと。。。あ、舞台がありますね^^

kamakura14.jpg

ココは、静御前さんが、源義経さんを慕う「舞」を舞った場所デス。

義経さんが兄頼朝さんの使わした追っ手に都を追われた際に、静御前さんは義経さんとともに落ちのびましたが、途中で別れたあと、吉野山でお母さんとともに捕らえられ、1186年に鎌倉に送られ、義経さんの所在を尋問されました。

口を割らぬ静御前さんは、北条政子さんの希望により鶴岡八幡宮で、嫌々ながらにも義経を慕う舞を舞うことになりました。

ちなみにこの時、義経さんの子供を身ごもっていた静御前さんは後に子を産みますが、生まれたばかりのその子は北条政子さんの意向により、由比ヶ浜に沈められ殺されたといいます。。。悲しいストーリーなんですね(T-T)

ではこのあたりで、いつものやつを。
・・・といっても「鶴岡八幡宮」や「源頼朝」さん「源義経」さんあたりは、既に皆さんご存知かと思いますので、ココは「静御前」さんで、いってみましょう!

Shizuka Gozen (1165 – 1211), one of the most famous women in Japanese history and literature, was a shirabyoushi (court dancer) of the 12th century, and a mistress of Minamoto no Yoshitsune. Since she, like many others, are featured largely in the Heike Monogatari (Tale of Heike), Gikeiki (Chronicle of Yoshitsune), and a number of plays of various traditions, her story is quite well-known, but it is difficult to separate fact from fiction within it.

Her mother, Iso no Zenji, was a shirabyoushi as well. According to the Gikeiki, Shizuka was invited at one point by Retired Emperor Go-Shirakawa, along with ninety-nine other dancers, to dance for rain after the chanting of one hundred Buddhist monks failed to bring that same result. Though ninety-nine dancers likewise failed to bring rain, Shizuka's arrival brought the desired effect. She was then praised by the Emperor, and it was at this time that she met Yoshitsune.

When Yoshitsune fled Kyoto in 1185, after the end of the Genpei War, and following a disagreement with his brother, Yoritomo, the first Kamakura shogun, Shizuka was left behind in Yoshino. The exact details of how far she traveled with Yoshitsune before being sent back, or whether she traveled further than Yoshino at all, differ from one literary work to the next, as do many of the other finer details of her tale. In any case, she was captured by Houjou Tokimasa and forces loyal to Yoritomo, and, according to some versions of the story, forced to dance for the new shogun at Tsurugaoka Hachiman-guu. There, she sang songs of her longing for Yoshitsune, which angered Yoritomo; but Yoritomo's wife Houjou Masako was sympathetic, and helped to have her released. However, she was by this point pregnant with Yoshitsune's child; Yoritomo declared that if it were a daughter she could live on peacefully, but if it were a son, he would have the child killed. A short time later, when Shizuka was 19, she gave birth to a son; Adachi Kiyotsune tried to take the child, who was instead given to Shizuka's mother. She then traveled back to Kyoto, where she became a Buddhist nun. Shizuka was later killed, however, along with her and Yoshitsune's child, by the order of Yoritomo.

According to some versions of the story, she did not become a nun upon her return, nor was she killed. Alternatively, she returned to Kyoto and was welcomed by Houjou Masako back into court life, where she remained for a time. She then left the capital once more, committing suicide by drowning herself in a river, though versions differ on where this occurred.

Shizuka features prominently in the Noh play Funa Benkei and the bunraku play Yoshitsune Senbon Zakura, both of which were later adapted by kabuki, and in a number of other works of literature and drama, both traditional and modern. She is also celebrated throughout the country in various festivals; many towns across Japan claim to be the location for her religious exile, her death, or other significant events of her life.

・・・という感じでしょうか。

では次の場所へ。。。そうそうココは「源平池」。
まずは「源氏池」デス。

kamakura16.jpg

続いては「平氏池」。

kamakura17.jpg

それぞれの池には、島(石)があしらわれています。
ちなみに「源氏池」には3個、「平氏池」には4個あり、それぞれ「産」と「死」を意味しているそうです。
で、これを作らせたのも、北条政子さん。。。こ、怖すぎるっ(T-T#)

まあ、でも今は平和な世の中、しかも私がこの池のほとりに佇んで・・・ってコトは・・・

・・・そう、ボク、イケメン(←100回記念のオチもこのレベルかいっ!・笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。