Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

さて、まだまだ続く「いざ鎌倉編」。
続いての場所は。。。

kamakura18.jpg

「建長寺」デス。
木造なのに荘厳な門。。。スゴイですね~w(゜0゜)w

では中へと。。。

kamakura19.jpg

おおぉっ!ますます渋いっ!
これぞ「禅寺」ってヤツですね^^

鎌倉時代の日本といえば、承久の乱(1221年)を経て、北条氏の権力基盤が安定し、いっぽう京都の中央政府の支配力は相対的に弱まっていたため、鎌倉が事実上、日本の首府となっていた時代でした。

当時の権力者、北条時頼さんは、熱心な仏教信者であり、禅宗に深く帰依していたそうです。「建長寺」の創建は、信仰に基づくというもの以上に、北条氏の権勢を誇示し、当時、海外渡来の最新文化だった「禅」の寺を建てることによって、京都の公家文化に対抗しようとする意識の現われとも見られているんです。

寺号を当時の年号「建長」からとっていることからも、この寺は単なる北条氏の私寺ではなく、官寺としての性格をもっていたし、持たそうとしていたことがうかがえますねっ(一_一☆)

た、確かに力入ってます(^-^;)。。。屋根裏にも全く手抜きが見られません(←リフォーム評論家かっ!・笑)

kamakura20.jpg

おお~っ、中には・・・

kamakura21.jpg

・・・「地蔵菩薩」さんですかね^^
で、そのまた奥の「法堂」(はっとう、と読むそうです)には・・・

kamakura22.jpg

・・・「千手観音」さんまでもっ!(嬉)

さらには「唐門」もあるんですね~。

kamakura23.jpg

なんか、個人的には鶴岡八幡宮より好きっすね^^
あ・・・座禅もやってるんですね・・・って、説明が英語っ!

kamakura24.jpg

外国の方向けにもやってるんですかぁ。。。そりゃスゴイ!
確かにあちこちのお寺で、座禅を組む外国の方を見かけるようになりましたもんねっ(←イヤイヤそこまではいないって!・笑)

・・・でもって、その奥の庭園は、お手本のような出来栄えっス。

kamakura25.jpg

どこを撮っても絵になるんで、ついつい今回は写真が多くなりましたm(_ _)m
ではこのあたりで、いつものやつを。
もちろん「建長寺」で、いきましょう!

Kenchou-ji is a Rinzai Zen temple in Kamakura, Kanagawa Prefecture, Japan, which ranks first among Kamakura's so-called Five Great Zen Temples (the Kamakura Gozan) and is the oldest Zen training monastery in Japan. These temples were at the top of the Five Mountain System, a network of Zen temples started by the Hojo Regents. Still very large, it originally had a full shichidou garan and 49 subtemples.

The temple was constructed on the orders of Emperor Go-Fukakusa and completed in 1253, fifth year of the Kenchou era, from which it takes its name. It was founded by Rankei Doryuu, a Chinese Zen master who moved to Japan in 1246, spending some years in Kyushu and Kyoto before coming to Kamakura.

Kamakura Regent Hojo Tokiyori was the temple's main patron during its early years. The sponsorship was spiritual as well as political: the Kamakura Gozan, organization of which this temple was head, had an important role in the shogunate's organization. The system, to which the Ashikaga added a series of five temples in Kyoto called the Kyoto Gozan, was adopted to promote Zen in Japan however, there as it had already happened in China, it was soon controlled and used by the country's ruling classes for its own administrative and political ends. The Gozan system allowed the temples at the top to function as de facto ministries, using their nationwide network of temples for the distribution of government laws and norms, and for the monitoring of local conditions for their military superiors. The Hojo first, and the Ashikaga later were therefore able to disguise their power under a religious mask, while monks and priests worked for the government as translators, diplomats and advisers.

Under their masters' patronage, Kenchou-ji and the Five Mountain temples gradually became centers of learning and developed a characteristic literature called the Japanese Literature of the Five Mountains. During the Japanese Middle Ages, its scholars exerted a far-reaching influence on the internal political affairs of the country.

The Gozan system finally declined with the dissolution of the Ashikaga shogunate which had sponsored it. Kenchou-ji's own renaissance came in the 19th century under the guidance of Zen master Aozora Kandou.

・・・と、こんな感じでしょうか。

ちなみにココは、1886年に修行僧学校・宗学林が設立された所で、現在の鎌倉学園中学校・高等学校の前身なんですね~。で、卒業生のとある有名人の率いるバンドが、2003年6月21日に、この三門でライブを行ったんですが。。。さて、誰でしょうか?

正解は「桑田佳祐」さん。。。そう、バンド名は「サザンオールスターズ」ですっ!\(^0^)/
その知名度にあぐらをかくことなく、ファンクラブ会員対象のライブという、地道な活動も続けていたんですね~。。。

・・・ええ、建長(堅調)な歩みこそ、大事なんです(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。