Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

通訳案内士国家試験の2次試験が、いよいよ近づいてきましたね~(一_一☆)
受験される皆様、ご準備は万端でしょうか?

・・・というわけで本日は、ひとりでも多くの方が2次試験に合格されるように、願掛けをば。
「湯島聖堂」におじゃまします^^

yushima_seidou01.jpg

いや~、まさに「学問」という佇まいですね。。。

yushima_seidou02.jpg

で、中の造りは、というと・・・

yushima_seidou03.jpg

ふむふむ、なるほど。。。ココ、「湯島聖堂」は、徳川綱吉さんが儒学の振興を図るため、元禄3年(1690)に聖堂を創建して上野忍岡の林家私邸にあった廟殿と林家の家塾をここに移しました。これが現在の湯島聖堂の始まりだそうです。

その後、寛政9年(1797)には幕府直轄学校として、世に名高い「昌平坂学問所(通称『昌平校』)」が開設されました。

明治維新を迎えると、聖堂・学問所は新政府の所管となり、当初、学問所は大学校・大学と改称されながら存置されましたが、明治4年(1871)に、これを廃して文部省が置かれることとなり、林羅山さん以来240年、学問所となってからは75年の儒学の講筵は、ここにその歴史を閉じたのです。

ついでこの年に、日本初の博物館(現在の東京国立博物館)が、翌5年(1872)には東京師範学校、日本初の図書館である書籍館が置かれ、7年(1874)には東京女子師範学校が設置され、両校はそれぞれ明治19年(1886)及び23年(1890)に高等師範学校に昇格したのち、現在の筑波大学、お茶の水女子大学へと発展していきました。

このように「湯島聖堂」は、明治維新の一大変革期においても、学問所としての伝統を受け継ぎ、近代教育発祥の地としての栄誉を担ったそうです。。。スゴイことですね~。

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日は「湯島聖堂」について。

Yushima Seidou, located in the Yushima neighbourhood of Bunkyou, Tokyo, Japan, was constructed as a Confucian temple in the Genroku era of the Edo period (end of the 17th century).

The Yushima Seidou has its origins in a private Confucian temple, the Sensei-den, constructed in 1630 by the neo-Confucian scholar Hayashi Razan (1583-1657) in his grounds at Shinobi-ga-oka (now in Ueno Park). The fifth Tokugawa shogun, Tsunayoshi, moved the building to its present site in 1690, where it became the Taiseiden of Yushima Seidou. The Hayashi school of Confucianism moved at the same time.

Under the Kansei Edict, which made neo-Confucianism the official philosophy of Japan, the Hayashi school was transformed into a state-run school under the control of the shogunate in 1797. The school was known as the Shouhei-zaka Gakumonsho or Shouheikou, after Confucius’s birthplace at Changping. During the time of the Tokugawa shogunate, the school attracted many men of talent, but it was closed in 1871 after the Meiji Restoration.

・・・という感じでしょうか。。。

おぉっ!この方の姿もありますねっ!(驚)

yushima_seidou05.jpg

そう、「孔子」さん!

yushima_seidou04.jpg

さすがは「神様」。。。ではこの「孔子」さんについてもチョコっと^^

Confucius (孔子), lit. "Master Kong," (traditionally September 28, 551 B.C.E. – 479 B.C.E.) was a Chinese thinker and social philosopher, whose teachings and philosophy have deeply influenced Chinese, Korean, Japanese and Vietnamese thought and life.

His philosophy emphasized personal and governmental morality, correctness of social relationships, justice and sincerity. These values gained prominence in China over other doctrines, such as Legalism (法家) or Taoism (道家) during the Han Dynasty (206 B.C.E. – 220 C.E.). Confucius' thoughts have been developed into a system of philosophy known as Confucianism (儒家). It was introduced to Europe by the Italian Jesuit Matteo Ricci, who was the first to Latinise the name as "Confucius."

His teachings may be found in the Analects of Confucius (論語), a collection of "brief aphoristic fragments", which was compiled many years after his death. For nearly 2,000 years he was thought to be the editor or author of all the Five Classics (五經) such as the Classic of Rites (禮記) (editor), and the Spring and Autumn Annals (春秋) (author).

・・・ですねっと。

悩み多きこの時期、ぜひ色んなコトを相談してみたいもんです。
きっと、すんなり答えが見つかるんじゃないですかね~・・・

・・・そう、「こうし(孔子)たら、いいんじゃない?」なんてね(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。