Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

え~、本日より「フーテン in 柴又編」と題し、しばし柴又を歩いてみたいと思います^^
で、駅到着!
shibamata01_station.jpg

・・・人と待ち合わせているんですが。。。あぁ、いたいた!

shibamata02_torasanzou.jpg

お待たせしてすみません・・・って、ご存知、寅さんの銅像です。
どうぞ~よろしく(←今日はのっけから飛ばしていくねっ!・笑)

私はここから帝釈天に続く参道が、とても好きなんです。
なんかこう、故郷に帰ってきたような。。。(^o^)/

まずはコレ・・・

shibamata03_unko.jpg

・・・って何でコレなのっ!

次はコレ・・・

shibamata04_sandou01.jpg

独特な形の「鳥居」と、その横のおもちゃ博物館のコントラスト!
いい味出してますよね~。。。

実はココの1階は、駄菓子屋さんでもあります。

shibamata05_omocha_musium.jpg

子供が満面の笑顔で、小さいカゴに、自分の食べたいモノをいっぱい放り込んでいる光景って、ホント微笑ましいですよね^^

では私も好物のトコロへ。。。

shibamata06_noshiika.jpg

「のしいか」っす(^-^)
ココでは、スルメが目の前でのしいかになりますっ!
これを見るだけでも、楽しいんですよね~

「おっちゃん、1つちょーだいっ!」(笑)

では私がのしいかを食している間に、いつものやつを。
本日は、ここが参道でもありますので「鳥居」について。

A torii is a traditional Japanese gate commonly found at the entry to a Shinto shrine, although it can be found at Buddhist temples as well, such as at Hase-dera in Kamakura.

The basic structure of a torii is two columns that are topped with a horizontal rail called the kasagi. Slightly below the top rail is a second horizontal rail called the nuki. Torii are traditionally made from wood and are frequently painted vermilion. When unbarked logs are used for the torii it is called a kuroki, or "black wood" torii. Today, torii made of stone, metal or stainless steel can be found as well.

Torii mark the transition from the sacred (the shrine) to the profane (the normal world). Inari shrines typically have many torii. A person who has been successful in business often donates a torii in gratitude. The Fushimi Inari shrine in Kyoto has thousands of such torii.

で、その鳥居の起源ですが・・・

The origin of torii is unclear, but there are several different theories. They may have originated in India as a derivative of the torana gates in the monastery of Sanchi, which is located in central India. In this theory, the torana was adopted by Shingon Buddhism founder Kukai, who used it to demarcate the sacred space used for the homa ceremony.

Other scholars believe that they are related to the bairou(牌楼) in China or the hongsalmun(紅箭門) in Korea.

The origin of the word "torii" is also unknown. One theory is that it was designed as a large bird perch, as hinted by the kanji, which may be derived from 鶏居 meaning 'bird perch'. This is because in Shinto, birds are considered messengers of the gods. A second theory is that it is derived from the term toori-iru (通り入る: pass through and enter).

・・・と、こんな感じでしょうか。
インドのサンチ修道院にある「トーラナ・ゲート」なんていう説もあるんです。。。

・・・なるほど、だから「通らなあかん」ものなんですねっ(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。