Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今日はのっけから「ネタ晴らし」ですね~。
向かっていたのは、やはりココ「帝釈天」。

shibamata12_taishakuten01.jpg

・・・ていうか、手前の2本の電柱にかかる電線が、微妙に景観を邪魔してます(T-T)
もう少し進みましょ!

shibamata13_taishakuten02.jpg

あ、外国人の方の姿もちらほら見受けられますね~。

ココは、別名「彫刻寺」と言われるだけあって、寺の内外にいろんな木彫りが見られます。

shibamata14_taishakuten03.jpg

よく見ると鐘堂もレゴブロックみたいな感じで、オモロイっすね^^
では中へと。。。

shibamata15_taishakuten04.jpg

この「帝釈堂」の内陣の外側にある10枚の「胴羽目彫刻」は、仏教経典の中でも最も有名な「法華経」の説話を選び出して彫刻したものなんだそうです。。。

ではそれを探している間に、いつものやつを。
本日は皆さんの素朴な疑問「そもそも帝釈天って?」で、いってみましょう!

A major, Hindu god called Indra or Sakra who has two major roles in Buddhist literature, one as king of the gods and lord of the Touriten, where he resides on the summit of Mt. Sumeru (= Shumisen 須弥山). The other is as protector of the Buddha, helping him in his practice in earlier lives and aiding him in his final life.

Along with Bonten (梵天) he appears in art in scenes from the Buddha's life, particularly administering his first bath, and in triads where he is shown as a prince or as a martial figure holding a thunderbolt. The pair eventually became general protective deities, and in the Nara period in Japan were frequently placed on the dais to either side of the main figure. In Japan, Bonten and Taishakuten may be only minimally distinguished from each other by dress and their mudras which mirror each other.

It is only as esoteric figures that their iconography is distinctive. Taishakuten had no independent cult in Japan but is always shown with Bonten or within the juuniten (十二天), a group with which he is associated, particularly with the east.

Well-known images include the Nara period set in the Hokkedou of Toudaiji in Nara, where, according to temple tradition, the sculpture to the right of the main image, Fukuukenjaku Kannon (不空羂索観音) is Taishakuten. Both he and Bonten are shown wearing Tang dynasty robes and are like bodhisattvas, (= bosatsu 菩薩) in their appearance. Other famous images include the Nara period pair in the Toushoudaiji Kondou, Nara. The most striking of all is the early Heian set in Touji, Kyoto. There, Taishakuten appears as a martial figure seated on an elephant with one leg hanging over the side of his mount. He holds a single pronged thunderbolt in his right hand and has his left hand on his hip.

・・・と、こんな感じでしょうか。

おや?あっちに賽銭箱がっと。。。ではお賽銭を、を、・・・こ、小銭がないっ!
すみません、どなたか貸していただけませんか、って、ムリですよね(T-T)

おおぉ~っ!「胴羽目彫刻」もありました。
では写真を、を、・・・電池切れ!?
どなたか、乾電池をお借りできないっすかねぇ(T-T)

あぁっ!そうか携帯電話のカメラでっ!・・・て、バ、バッテリー切れ!?
どなたか、充電器を。。。

・・・そう、こんなことしてるワタシも、「貸借(たいしゃく)天」(T-T)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。