Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

偶然ですが、乗り物編が続きます^^
本日は「鉄道」・・・で、おじゃましたのは汐留にある「旧新橋停車場 鉄道歴史展示室」デス。

shinbashi1.jpg

外観がレトロでいいっすね~♪

shinbashi2.jpg

皆さんご存知の通り、日本初の鉄道は、ココ新橋(汐留)が起点でした。
この建物の周辺や中には、当時の名残を残す「遺跡」が保存されているんですね~(^-^)/

shinbashi3.jpg shinbashi4.jpg shinbashi5.jpg

というわけで、突然ですがいつものやつを。
本日は何のひねりもなく「日本の鉄道の歴史」について。

Though rail transport had been known through Dutch traders in Dejima, Nagasaki earlier, the impact of model railroads brought by foreigners such as Yevfimy Putyatin and Matthew Calbraith Perry was huge. The British also demonstrated a running steam locomotive in Nagasaki. Saga Domain, a Japanese feudal domain (han), made a working model and even planned to construct a line by themselves. Other bodies such as the Satsuma Domain and the Tokugawa shogunate also reviewed railway construction. But a real line in service did not come into reality before the Meiji Restoration.

Just prior to the fall of the Shogunate, the Tokugawa regime issued a grant to the American diplomat Anton L. C. Portman to construct a line from Yokohama to Edo (soon to be renamed Tokyo). In the second year of the restoration 1869, after considerable diplomatic manoeuvring with the American mission, the new government of Japan decided to build a railway using British techincal advisors. On September 12, 1872, the first railway, between Shimbashi (later Shiodome) and Yokohama (present Sakuragichou) opened. (The date is in Tenpou calendar, October 14 in present Gregorian calendar). Japan relied on the United Kingdom financially and technically.

The reason of rail gauge choice remains uncertain. It could be because 3 ft 6 in (1,067 mm), as opposed to standard gauge of 4 ft 8+1⁄2 in (1,435 mm), was supposed to be cheaper, or because the first British agent, later whose contract was cancelled, ordered iron sleepers of the gauge. Anyway the decision still affects Japanese railways today, as the narrow gauge became the de facto standard.

Some politicians, such as Inoue Masaru, stated all the railway lines should be nationalized. However, the government was financially strained after the Satsuma Rebellion, making the expansion of the railway network terribly slow. Politicians then wanted to allow private companies to build railways. Consequently, Nippon Railway was founded. It was private entity, but strongly affected and constructions done by the government. It expanded railway lines fairly quickly, completing the main line between Ueno and Aomori (present Touhoku Main Line) in 1891. With the success of Nippon Railway, private companies were also founded. Sanyou Railway, Kyuushuu Railway, Hokkaidou Colliery and Railway, Kansai Railway and Nippon Railway were called "major five private railways" at the time. At the same time, the national railway did open its railway lines, including the current Toukaidou Main Line in 1889, but most of its lines were subsidiary to major private lines. In 1892, the Imperial Diet promulgated the Railway Construction Act, which listed 33 railway routes that should be constructed by either the government or private entities.

・・・という感じでしょうか。

この景色を見ていると、やはりつい口ずさんでしまうのが。。。

 ♪汽笛一声新橋を~・・・

ただ、この後が延々長いんです。
え?せっかくなので知りたい?。。。では、いきますよっ!

一  汽笛一声新橋を はや我汽車は離れたり
   愛宕の山に入りのこる 月を旅路の友として

二  右は高輪泉岳寺 四十七士の墓どころ
   雪は消えても消えのこる 名は千載の後までも

三  窓より近く品川の 台場も見えて波白き
   海のあなたにうすがすむ 山は上総か房州か

四  梅に名をえし大森を すぐれば早も川崎の
   大師河原は程ちかし 急げや電気の道すぐに

五  鶴見神奈川あとにして ゆけば横浜ステーション
   湊を見れば百舟(ももふね)の 煙は空をこがすまで

六  横須賀ゆきは乗替と 呼ばれておるる大船の
   つぎは鎌倉鶴が岡 源氏の古跡や尋ね見ん

七  八幡宮の石段に 立てる一木の大鴨脚樹(おおいちょう)
   別当公暁のかくれしと 歴史にあるは此陰よ

八  ここに開きし頼朝が 幕府のあとは何(いづ)かたぞ
   松風さむく日は暮れて こたへぬ石碑は苔あをし

九  北は円覚建長寺 南は大仏星月夜
   片瀬腰越江の島も ただ半日の道ぞかし 

一〇 汽車より逗子をながめつつ はや横須賀に着きにけり
   見よやドックに集まりし わが軍艦の壮大を

一一 支線をあとに立ちかへり わたる相模の馬入川(ばにゅうがわ)
   海水浴に名を得たる 大磯みえて波すずし

一二 国府津おるれば馬車ありて 酒匂小田原とほからず
   箱根八里の山道も あれ見よ雲の間より

一三 いでてはくぐるトンネルの 前後は山北小山駅
   今もわすれぬ鉄橋の 下ゆく水のおもしろさ

一四 はるかにみえし富士の嶺(ね)は はや我そばに来りたり
   雪の冠(かんむり)雲の帯 いつもけだかき姿にて

・・・でようやっと神奈川を神奈川県を抜け出せます(T-T)
全部で「66番」まであります。。。そんなわけで、後はご自分でどうぞ(笑)

さてこの曲「鉄道唱歌」は、明治32年(1899)に発表されたものなんですが、実はこの長い東海道バージョンだけではなく、さらに『山陽・九州』『奥州線・磐城線』『北陸地方』『関西・参宮・南海各線』、加えて『北海道』やら『満韓』までもがあるんです。。。
で、この曲の本当の目的はというと・・・日本中を巡る“地理教育の歌”だったそうで・・・

・・・個人的には、全てを記憶するのは至難の業かと・・・
こんなんでホントに、覚えられるんで、しょーか(唱歌)?(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。