Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

前回のブログ記事が「加藤清正」さん。。。
そう、家康さんが最も恐れた男^^

で、ホントにそうなのか・・・コレは本人に訊くしかないっすね~。

というわけで、再びやってまいりました「日光」(笑)

nikko003.jpg

さ、寒いっス(T-T)
とっとと中へ進みましょう!・・・で、ココ↓

nikko004.jpg

さすが日光は、雪景色も絵になりますね~^^

nikko005.jpg

ほおぉ~っ。。。陽明門デスね~。
近くで見ると感慨もひとしおです(^0^)b

nikko007.jpg

前回お邪魔した時は、雨と霧で神秘的な感じがしたのですが、今回は雪の翌日の晴れだったので、色味がひときわ冴えていますっ!(嬉)

nikko008.jpg

ホント、彫刻がスゴイすね~^^

nikko009.jpg

あ、前回の日光編で解説した「神輿」もご健在で(笑)
今回はパスします(←何でやねん!)

え?・・・だって本日は、前回補修工事中だった「唐門」がお目当てですもんっ!

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はその「唐門」でいってみますね~。

The karamon or karakado is a type of gate seen in Japanese architecture. It is characterized by the usage of karahafu, an undulating bargeboard peculiar to Japan. Karamon are often used at the entrances of Japanese castles, Buddhist temples and Shinto shrines, and have historically been a symbol of authority.

Although kara (唐) can be translated as meaning "China" or "Tang", this type of roof with undulating bargeboards is an invention of Japanese carpenters in the late Heian period. It was named thus because the word kara could also mean "noble" or "elegant", and was often added to names of objects considered grand or intricate regardless of origin. The karahafu developed during the Heian period and is shown in picture scrolls to decorate gates, corridors, and palanquins.

Initially, the karahafu was used only in temples and aristocratic gateways, but starting from the beginning of the Azuchi-Momoyama period, it became an important architectural element in the construction of a daimyo's mansions and castles. The karamon entrance was reserved for the shogun during his onari visits to the retainer, or for the reception of the emperor at shogunate establishments. A structure associated with these social connections naturally imparted special meaning.

Karamon would later became a means to proclaim the prestige of a building and functioned as a symbol of both religious and secular architecture. In the Tokugawa shogunate, the karamon gates were a powerful symbol of authority reflected in architecture.

・・・という感じでしょうか。

え、え、え、えぇーっっっ(◎o◎)

nikko010.jpg

ま、まだやってたんすか(T-T)

nikko011.jpg

あとどのくらいかかりますの?

nikko012.jpg

え?この工事が20年がかり・・・しかもやっと3年目???(T-T)
やっぱり家康クンに嫌われているようです。。。

・・・ワタシにとって、ココは「唐門」というより、「鬼門」(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。