Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

さて、本日から都内に戻ってきました~。

日光はホント、寒かったのですが・・・やっと「春」がやってきたって感じです。
うららかな日差しに誘われて、やってきたのは「旧東京音楽学校 奏楽堂」。

・・・え?何故ココかって。。。そのうちわかりますって(一_一☆)

sougakudou03.jpg

なんかカッコイイっすね~(^0^)b
ちょいと入口の方へ廻ってみましょう!

sougakudou01.jpg

おおーっ!美しいっ!(嬉)
あ、何か書いてありますねっ。。。

sougakudou02.jpg

そうそう、この「旧東京音楽学校 奏楽堂」は、明治23年に創建された日本最古の木造の洋式音楽ホールで、移築後の昭和63年1月に国の重要文化財にも指定されました。

この建物の2階にある音楽ホールは、かつて滝廉太郎がピアノを弾き、山田耕筰が歌曲を歌い、三浦環が日本人による初のオペラ公演でデビューを飾った由緒ある舞台なんです。

・・・というわけで、前回からは「滝つながり」(笑)

ちなみに、ホール正面に据えられたパイプオルガンは、アボット・スミス社製でパイプ総数はなんと1,379本。
いまでは世界でも珍しい空気式アクション機構で、わが国最古の貴重なコンサート用オルガンなんだそうです。。。み、見たいっすね~^^

ちょっとおじゃまをば。。。

sougakudou04.jpg

入口上壁のランプが、いい味出してます^^

sougakudou06.jpg

では、おじゃまします・・・って。。。え?写真撮影はココまでっすか~(T-T)

仕方ないです。。。ではいつものやつを。
本日は「奏楽堂」について。

Tokyo Sougaku-do Concert Hall, established in 1890, is the oldest concert hall in Japan. Formerly the Hall belonged to the Tokyo National University of Fine Arts and Music.

In 1972 it had however become too old for school use, so the Taito City obtained its property and designated it as an Important Cultural Properties.

The hall was rebuilt in Ueno park, and nearby stands the statue of Rentaro Taki, one of its alumni.

・・・で、その「滝廉太郎」さんもついでに(←おいおい、失礼なっ!)

Rentarou Taki was a pianist and one of the best-known composers of Japan.

Taki was born in Tokyo, but moved to many places during his childhood owing to his father's job. He graduated from the Tokyo Music School in 1901. One of his famous pieces is Koujou no Tsuki, which was included in the songbook for junior high school students, along with the Hakone-Hachiri. Hana is a well-known song, too.

In the same year, Taki went to the Leipzig Conservatory, Germany to study music further, but fell seriously ill with tuberculosis of the lungs and came back to Japan. He lived quietly in the country afterwards, but soon died at the age of 23. His posthumous work is a solo piano piece called Urami (憾), which he wrote four months before he died. It is said that he laid the meaning of "regret" in the title of his last piece.

・・・という感じでしょうか。

あ、ご本人が^^

sougakudou05.jpg

どーもこんにちは m(_ _)m

中の音楽ホール、とっても良かったですよ~(^-^)/
ワタシもギターの弾き語りなんぞしてみたくなりましたぁ。。。

・・・ええ、ギターのネックに紐をくくりつけて、ブツブツ言いながらステージにギターを引きずって(←それじゃぁ「引き語り」でしょ・笑)


ちなみに、ピアノの引き語りは、重いから止めとこっと(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。