Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

今回ついに、このブログも150回目を迎えました m(_ _)m
これもひとえに、皆様からの温かいアクセス(笑)のおかげでございますぅ。。。

というわけで、実はまだ皇居なんですが・・・

koukyo006.jpg

・・・やっぱり普段の日はコッチからは入れないんっスね~(T-T)
記念のネタが拾えないぃぃぃ。。。

仕方ありません・・・
では本日はとっておきのヤツを。

今回は結構皆さんが勘違いされている件についてなんですが、
さて問題です。コレは何でしょう?

koukyo004.jpg

「二重橋」・・・ブブーッ、はずれです(>_<)
正解は「正門石橋」。

で、奥にあるコレ↓
koukyo005.jpg

実はこの、正式名称「正門鉄橋」こそが、通称「二重橋」なんです!(^0^)/

奥の「正門鉄橋」は、ちょうど江戸城の西丸下乗橋のあった位置で、濠が深いため、当時の木造橋の時代に技術的な問題から橋桁が二重に架けられていたそうです。そこから、「二重橋」と呼ばれるようになったんですね~。

現在の鉄橋は昭和39年(1964年)に架け替えられたもので、橋桁は二重ではありません。

ちなみに手前にある「正門石橋」は、江戸城の西丸大手橋があった位置なんですが、現在の石橋は明治20年(1887年)に造られたもので、橋桁が二重なため、「この石橋が二重橋である」との誤認が多いそうなんです。。。ご存知でしたか~(一_一☆)

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はその「二重橋」でいきましょう!

Nijubashi (in English, double bridge) is the name of bridges at the front gate of Imperial Palace. The inner bridge is "Seimon Tekkyo" (the iron bridge of front gate), whereas the outer one is "Seimon Ishibashi" (the stone bridge of front gate). The origin of the name double bridge is that the inner bridge at Edo era had double-structured, of which lower bridge increased the strength of upper bridge, so originally only the inner bridge was called Nijubashi. But now it has been changed and the official view of the Imperial Household Agency is that the origin of the name is derived from the view of two bridges. Both bridges were originally wooden bridges, and the inner bridge was build as stone bridge in 1887, while the outer bridge was built as iron bridge in 1888, using German architecture. The gate connected with Seimon Ishibashi is Ohte Mon, and the building at further inner side is Fushimi Yagura.

・・・という感じでしょうか。
では続きまして、その「伏見櫓」についても m(_ _)m

Fushimi Yagura is a small castle inside the Imperial Palace at Ohte Mon. It is told that this building was derived from Fushimi castle of Kyoto. The current building was rebuilt after collapsed at the Kanto Great Earthquake in 1925.

Kyoto Fushimi castle was originally built at Yubitsuki along Uji river by Toyotomi, Hideyoshi, and after collapsed in 1596 it was moved and rebuilt at Momoyama. The castle was attacked and fired by Ishida Mitsunari troops, then repeatedly rebuilt by Tokugawa Ieyasu.

・・・ですねっと。

それにしても、つくづく通訳ガイドさんって大変ですよね~。
この「正門石橋」は「二重橋」ではないとか、とにかく色んなものを何度も何度もきちんと調べて、外国人観光客の方に正しいことを伝えないといけないんですもんね。。。

・・・そう、「石橋をたたいて渡る」くらいでないと(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。