Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

さて本日より「いざ鎌倉編おかわり」(笑)
前回の鎌倉編でイジリそびれた(←不謹慎な物言いっ!)場所に戻ってきました~(^0^)Y

やってきたのは「長谷寺」。
そろそろお花がキレイな季節に。。。

kamakura002.jpg

あはぁ~っ、ありましたねっ。春って感じですネ^^
今日もまたあの十一面観音様に会えるんでしょうか。

kamakura003.jpg

んんんっ。。。これは「地蔵堂」ですね~。
以前に巣鴨の回のブログ記事で「お地蔵様」は済んでいるので、パス!(-_-)y

そういえば確か上には。。。

kamakura004.jpg

前回イジリそびれた「いかにもいい音の鳴りそうな鐘突き堂」(笑)
手前の松や梅が、「これから厳かな鐘の音をお聞かせします」と言っているようですねっ!

kamakura005.jpg

あは~っ、如来様もご健在で m(_ _)m

kamakura006.jpg

・・・よく見るといっぱい立ってます(笑)

その先のお堂も画になりますね~^^

kamakura007.jpg

おや?前回は気づかなかったのですが、大黒様もいらっしゃったんですね~。

kamakura008.jpg

で、前回思いっきり撮影し忘れた「正面」(←何やってたのっ!)

kamakura009.jpg

・・・だって、中が撮影禁止なんだもん(T-T)

というわけで、あらためて長谷寺を堪能しました。
またそのうちおじゃましますね~。ほな、さいなら(笑)

kamakura001.jpg

ん?何か忘れてる。。。あ、あ、いつものやつを、やってない!

仕方ありません・・・ではソコで目に留まった「提灯」も含めた「日本の照明器具」で、いってみましょう(笑)


【Andon】

The andon is a lamp consisting of paper stretched over a frame of bamboo, wood or metal. The paper protected the flame from the wind. Burning oil in a stone or ceramic holder, with a wick of cotton, provided the light. Rapeseed oil was popular. Candles were also used, but their higher price made them less popular. A lower-priced alternative was sardine oil.

The andon became popular in the Edo period. Early on, the andon was handheld; it can also be placed on a stand or hung on a wall. The okiandon was most common indoors. Many had a vertical box shape, with an inner stand for the light. Some had a drawer on the bottom to facilitate refilling and lighting. A handle on top made it portable. A variety was the Enshu andon. One explanation attributes it to Kobori Enshu, who lived in the late Azuchi-Momoyama Period and early Edo period. Tubular in shape, it had an opening instead of a drawer. Another variety was the Ariake andon, a bedside lamp. The kakeandon under the eaves of a shop, often bearing the name of the merchant, was a common sight in the towns.

The expression hiru andon, or "daytime lamp," meant someone or something that seemed to serve no purpose. In dramatizations of the story of the forty-seven ronin, Oishi Yoshio is often given this description.


【Bonbori】

The bonbori was a small, portable andon with a six-sided cross-section and a rather wide, open top. Like the andon, it consisted of paper over a frame.


【Chochin】

The chochin had a frame of split bamboo wound in a spiral. Paper or silk protected the flame from wind. The spiral structure permitted it to be collapsed into the basket at the bottom. The chochin hung from a hook at the top. In present-day Japan, plastic chochin with electric bulbs are still produced as novelties, souvenirs, and for matsuri and events. The earliest record of a chochin dates to 1085, and one appears in a 1536 illustration.

The akachochin, or red lantern, marks an izakaya.


【Tourou】

Originally used in the broad sense to mean any lantern, the word tourou came to mean a lamp of stone, bronze, iron, wood, or another heavy material. These illuminate the grounds of Buddhist temples, Shinto shrines, Japanese gardens, and other places that include tradition in their decor. The earlier oil and candles have given way to the electric bulb.

・・・てな感じでどうでしょう?

しかしまぁ。。。何度来ても、イイ所ですよね~。日本人だからホッとする空間・・・もちろん外国人の方も寛げる趣があるんでしょうね~。。。

・・・そう、お客様の数がそれを、証明(照明)してます m(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。