Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

もう既に盛り上がってるトコロに来てしまった、ワタシ(T-T)
まあココは江戸時代から庶民の一大レジャーランドだったんで。。。

確かに、大きな木が多いっすね^^

asukayama006.jpg

このあたりは、あの暴れん坊将軍「徳川吉宗」さんも愛した場所なんですよね~。
で、この飛鳥山のいい所は、春になると桜だけでなく、様々な花が美しいこと(^-^)

asukayama009.jpg

・・・パンジーです。
ちなみに変わった品種のモノは「珍パンジー(チンパンジー)」と言うんだそうで(←ウソつけっ!・笑)

asukayama010.jpg

おおっ、サクラソウもあるんですか~(嬉)

まあでも今日は、見上げてしまいますね。。。
で、このアングルがワタシの一番のお気に入りっ!

asukayama008.jpg

2色の桜の「競艶」ですねっ(一_一☆)

ところで桜の代表格といえば、やっぱり「ソメイヨシノ」。
この「ソメイ」ってドコだかご存知ですか?

・・・正解は「駒込」。。。え?意外でした?

では本日はそのあたりでやってみましょうか(^0^)/~
「ソメイヨシノ」でいきましょう!

Prunus × yedoensis (Yoshino Cherry; Japanese: 染井吉野 Somei-yoshino) is a hybrid cherry of unknown origin, probably between Prunus speciosa and Prunus subhirtella. It occurs as a natural hybrid in Japan, where it has also long been cultivated in Yoshino (after which it is named) and elsewhere; it is now one of the most popular and widely planted cultivated flowering cherries (sakura) in temperate climates worldwide.

It is a small deciduous tree that at maturity grows to be 5-12 m (rarely 15 m) tall. It grows well in hardiness zones 5-8 and does well in full sun and moist but well drained soil. The leaves are alternately arranged, 6-15 cm long and 4-7 cm broad, with a serrated margin; they are often bronze-toned when newly emerged, becoming dark green by summer. The flowers emerge before the leaves in early spring; they are fragrant, 3-3.5 cm diameter, with five white or pale pink petals. The flowers grow in clusters of five or six together. The fruit, a small cherry, is a globose drupe 8-10 mm in diameter; they are an important source of food for many small birds and mammals, including robins and thrushes. The fruit contain little flesh and much concentrated red juice, which can stain clothing and brick. The fruit is only marginally sweet to the human palate.

Because of its fragrant, light pink flowers, manageable size, and elegant shape, the Yoshino Cherry is often used for ornamental purposes. Many cultivars have been selected; notable examples include 'Akebono', 'Ivensii', and 'Shidare Yoshino'.

The Yoshino cherry was introduced to Europe and North America in 1902. This tree, along with the cultivar 'Kanzan' (derived from the related Prunus serrulata), is responsible for the spectacular pink show each spring in Washington D.C. and other cities. Several of 2000 Japanese cherry trees given to the citizens of Toronto by the citizens of Tokyo in 1959 were planted in High Park.

From the Edo period to the beginning of the Meiji period, gardeners and craftsman who made the village at Somei in Edo (now Komagome, Toshima ward, Tokyo) grew Someiyoshino. They first offered them as "Yoshinozakura". But in 1900 they were renamed someiyoshino by Dr. Fujino.

・・・と、こんな感じですね。

桜って、咲いたかと思ったら、ホントすぐに散ってしまいますよね(T-T)
でもそのはかなさ、潔さが、日本人の琴線に触れるのかもしれません。

江戸時代の人々も、桜の見ごろを毎日気にかけていたんでしょうね~。。。

そう、今日か、はたまた、明日がヤマ(飛鳥山)か(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。