Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

いよいよGWも本日で終了。。。
長かったような、短かったような休暇でございました。

明日っからはシゴトですね~(T-T)

というわけで、ブログも再開でございます。
連休前から滞在(笑)している「鉄道博物館」デス。

・・・何じゃコレ???

tetsu_haku41.jpg

あ、食堂車のご準備ができましたっていう案内パンフなんですか~w(゜0゜)w
そういえば、急に小腹がすいてきましたねっ!(←この食いしんぼっ!・笑)

混まないうちにレストランへと向かいましょ^^
あ~なるほど、レストラン「日本食堂」さんなんですね。

tetsu_haku06.jpg

・・・もう混んでる(T-T)
しかも外国人のお客様の比率が、結構高いんですね(驚)
でもそんな中で席確保っと。

注文したのは。。。

tetsu_haku07.jpg

「ハチクマライス」といいます^^
実はコレ、列車乗務員さんたちのための「賄い丼」だったんですね~。
確かに温泉卵が2つも入っていて、スタミナつきそうです(一_一☆)

(食事中。。。)

んん~っ、美味かったっス。ご馳走様でした。

で、レストラン出口の横にあったのは。。。

tetsu_haku40.jpg

ほほぉ~っ!懐かしいっ。
昔の「駅弁」のパッケージが飾ってあるんですね~^^

ちなみにこの「弁当」ですが、そもそも「好都合」「便利なこと」を意味する中国南宋時代の俗語「便当」が語源なんだそうです。で、この「便当」が日本に入り、「便道」「弁道」などの漢字も当てられるようになっていきました。

「弁えて(そなえて)用に当てる」という意味合いから、「弁当」の字が当てられ、現在の弁当箱の意味として使われたと考えられています。

「弁当」の容器自体は桃山時代から、また弁当という言葉はさらに遡った鎌倉時代から見られたのですが、それ以前は、器の中をいくつかに割ることから、「破子・破籠(わりご)」という言葉が使われていたそうなんです。。。そ、そんな古くから存在していたんですね~ m(_ _)m

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はその「弁当」で、いってみましょう!

The origin of bento can be traced back to the late Kamakura Period (1185 to 1333), when cooked and dried rice called hoshi-ii (干し飯, "dried meal") was developed. Hoshi-ii can be eaten as is or boiled with water to make cooked rice, and is stored in a small bag. In the Azuchi-Momoyama Period (1568 to 1600), wooden lacquered boxes like today's were produced and bento would be eaten during a hanami or a tea party.

In the Edo Period (1603 to 1867), bento culture spread and became more refined. Travelers and sightseers would carry a simple koshibento (腰弁当, "waist bento"), consisting of several onigiri wrapped with bamboo leaves or in a woven bamboo box. One of the most popular styles of bento, called makuno-uchi bento ("between-act bento"), was first made during this period. People who came to see Noh and Kabuki ate specially prepared bento between maku (acts). Numerous cookbooks were published detailing how to cook, how to pack, and what to prepare for occasions like Hanami and Hinamatsuri.

In the Meiji Period (1868 to 1912), the first ekibento or ekiben (駅弁当 or 駅弁, "train station bento") was sold. There are several records that claim where ekiben was first sold, but it is believed that it was sold on 16 July, 1885, at the Utsunomiya train station, and contained two onigiri and a serving of takuan wrapped in bamboo leaves. As early schools did not provide lunch, students and teachers carried bento, as did many employees. A "European" style bento with sandwiches also went on sale during this period.

In the Taisho period (1912 to 1926), the aluminum bento box became a luxury item because of its ease of cleaning and its silver-like appearance. Also, a move to abolish the practice of bento in school became a social issue. Disparities in wealth spread during this period, following an export boom during World War I and subsequent crop failures in the Tohoku region. A bento too often reflected a student's wealth, and many wondered if this had an unfavorable influence on children both physically, from lack of adequate diet, and psychologically, from a clumsily made bento or the richness of food. After World War II, the practice of bringing bento to school gradually declined and was replaced by uniform food provided for all students and teachers.

Bento regained its popularity in the 1980s, with the help of the microwave oven and the proliferation of convenience stores. In addition, the expensive wood and metal boxes have been replaced at most bento shops with inexpensive, disposable polystyrene boxes. However, even handmade bento have made a comeback, and they are once again a common, although not universal, sight at Japanese schools. Bento are still used by workers as a packed lunch, by families on day trips, for school picnics and sports days etc. The bento, made at home, is wrapped in a furoshiki cloth, which acts as both bag and table mat.

・・・という感じでしょうか。

いやいや、しかしこの「駅弁」って、旅情にひたる上で本当に欠かせないモノですよね~^^

・・・優雅な旅と、美味い駅弁。。。ホント、「え~きべん(え~気分)」やなぁ(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。