Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

夏の~うら~ら~の♪。。。って、イヤイヤ暑すぎますって(T-T)
というわけで、別に涼を求めてやってきたのではないんですが、隅田川を遡ってきております(笑)

・・・しかしまぁ。。。いくつも橋があるんですね~ w(゜0゜)w

おや?何か看板がありますねっ!

eitaibashi01.jpg

ああ、なるほど。。。もうすぐ「永代橋」なので、コレがあるんですね~^^
この佐久間象山さんは、西洋砲術を学ぶ「砲術塾」の始祖で、門下生には勝海舟さん、坂本竜馬さん、吉田松陰さんなど、後の歴史を動かすそうそうたるメンバーがいらっしゃたんです。

実はちょっとした史跡スポットかも(^-^)b
で、この近くには。。。

eitaibashi02.jpg

おおぉっ、あの「伊能忠敬」さんもお住まいでいらっしゃったんですね~(驚)
伊能忠敬さんといえば「地図」。。。そう、このブログのネタを探しにあてもなく歩いている時に、絶対欠かせないモノですよねっ!(笑)

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はその「伊能忠敬」さんで、いってみましょう!

Inou Tadataka was a Japanese surveyor and cartographer. He is known for completing the first map of Japan created using modern surveying techniques.

Inou was born in Kujukuri, a coastal village in Kazusa Province, in what is now Chiba Prefecture, and was adopted by the prosperous Inou family of Sawara, a town in Shimo-Osa Province. He ran the family business, expanding its sake brewing and rice-trading concerns, until he retired at the age of 49. At this time he moved to Edo and became a pupil of astronomer Takahashi Yoshitoki, from whom he learned Western astronomy, geography, and mathematics.

In 1800, after nearly five years of study, the Shogunate permitted Inou to perform a survey of the country using his own money. This task, which consumed the remaining seventeen years of his life, covered the entire coastline and some of the interior of each of the Japanese home islands. During this period Inou reportedly spent 3,736 days making measurements (and travelled 34,913 kilometres), stopping regularly to present the Shogun with maps reflecting his survey's progress. He produced a number of detailed maps of select parts of Japan, mostly in Kyuushuu and Hokkaido.

Inou's magnum opus, his 1:216,000 map of the entire coastline of Japan, remained unfinished at his death in 1818, but was completed by his surveying team in 1821. An atlas collecting all of his survey work, entitled Dai Nihon Enkai Yochi Zenzu (大日本沿海輿地全図 = maps of Japan's coastal area), was published that year. It showed the entire country on eight pages at 1:216,000, 214 pages of select coastal areas at 1:36,000, and three pages of fine detail at 1:432,000. The Inou-zu, many of which are accurate to 1/1000 th of a degree, remained the definitive maps of Japan for nearly a century, and maps based on his work were in use as late as 1924.

In addition to his maps, Inou produced several scholarly works on surveying and mathematics, including Chikyu sokuenjutsu mondo and Kyukatsu en hassenho.

・・・という感じでしょうか。

あ、こんなモノもありますね^^

eitaibashi03.jpg

・・・なになに、「赤穂義士休息の地」って書いてありますね~???

なるほど、かつて「吉良上野介」さんを討ち取った後、江戸市中に向かう途中、ココで休憩をとった義士さんの石碑なんですか。。。そういえば赤穂浪士さんたちがこの後渡ったのが「永代橋」でしたもんね~(^0^)/

あ、いよいよ永代橋にたどり着きました。

eitaibashi04.jpg

ではワタシも渡りましょう!

eitaibashi05.jpg

かつて、吉良さんの首を高く掲げながら、浪士さん達はどんな思いでココを渡ったんでしょうかね~?
まあ、ワタシ個人としては、争いのない平和な世界を願うとしましょう。。。

・・・え?だってこの橋、英語だと「The Eitai(自衛隊)」ですから m(_ _)m
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。