Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

さていよいよ「泉岳寺」も終盤に。。。
では義士の皆様にお目にかかりましょう!(^0^)/

sengakuji14.jpg

ココは別枠で仕切られているんですね~。。。

sengakuji15.jpg

あ、なるほど。。。討ち入り後に身元を預けられた家ごとで、埋葬されているんですか。。。
壁は隔てていますが、お殿様のお墓の近くに、内蔵助さんのお墓もあるんですね^^

sengakuji16.jpg

常にお墓参りの方の絶えない場所ですから、線香の煙が立ち込めているんですね!
おぉーっ!そしてコチラが。。。

sengakuji17.jpg

「大石内蔵助」さんのお墓ですね^^

この義士さんたちの討ち入りから、本人たちの切腹までのいきさつは、後世に「忠臣蔵」という名の物語で伝えられていきます。。。そして庶民文化と融合し「仮名手本忠臣蔵」として広がっていったんですね(一_一☆)

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はその「仮名手本忠臣蔵」で、いってみましょう!

Kanadehon Chuushingura ("The Treasury of Loyal Retainers") is based on a true incident which took place between 1701 and 1703. To avoid shogunate censorship, the authors set the play in the earlier Muromachi period (1333-1568) and the names of the characters were altered. The central story concerns the daimyou Enya Hangan, who is goaded into drawing his sword and striking a senior lord, Kou no Moronou. Drawing one's sword in the shogun's palace was a capital offense and so Hangan is ordered to commit seppuku, or ritual suicide by disembowelment. The ceremony is carried out with great formality and, with his dying breath, he makes clear to his chief retainer, Ooboshi Yuranosuke, that he wishes to be avenged upon Moronou. Forty-seven of Hangan's now masterless samurai or rounin bide their time. Yuranosuke in particular, appears to give himself over to a life of debauchery in Kyoto's Gion pleasure quarters in order to put the enemy off their guard. In fact, they make stealthy but meticulous preparations and, in the depths of winter, storm Moronou's Edo mansion and kill him. Aware, however, that this deed is itself an offense, the retainers then carry Moronou's head to the grave of their lord at Sengaku-ji temple in Edo, where they all commit seppuku.

Act I, Tsurugaoka kabuto aratame ("The Helmet Selection at Hachiman Shrine")
Act II (rarely performed)
Act III, scene 2, Matsu no rouka ("The Pine Corridor in the Shogun's Palace")
Act IV, scene 1, Enya yakata no ba ("Enya Hangan's Seppuku")
Act IV, scene 2, Uramon ("The Rear Gate of the Mansion")
Act V, scene 1, Yamazaki kaidou teppou watashi no ba ("The Musket Shots on the Yamazaki Highway")
Act VI, Kanpei seppuku no ba ("Kanpei's Seppuku")
Act VII , Gion Ichiriki no ba ("The Ichiriki Teahouse at Gion")
Act VIII, Michiyuki tabiji no yomeiri ("The Bride's Journey")
Act IX, Yamashina kankyo no ba ("The Retreat at Yamashina")
Act X (rarely performed)
Act XI, Koke uchiiri no ba ("The Attack on Moronou's Mansion")

・・・という感じでしょうか。

今もなお色褪せることなく、語り継がれる「忠臣蔵」ですが、さらなるエンターテイメントを目指してみてはどうかなって思うんですよね~。。。

・・・ええ、AKB48に対抗して、「AKO47」なんて、どうでしょうか(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。