Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

え~、本日よりしばしの間、ちょっと変わった場所におじゃましてみましょう!
やってきたのは「中川船番所資料館」。。。え?ご存じない?

nakagawa01.jpg

実はココ、平成7年の発掘調査で、かつて江戸時代の「船番所」であったことが判明し造られた、結構新し目の施設なんです^^

で、中へ進むとまずびっくりするのが。。。w(゜o゜)w

nakagawa02.jpg

・・・ノリがテーマパークだってこと(笑)

原寸大のジオラマが再現され、しかも朝から夜更けまでの1日が、照明によって再現されているんですねっ!(驚)

nakagawa03.jpg

背景は絵なんですが、何かリアルでスゴイっすね~。

nakagawa04.jpg

今にも本物の船がやって来そうですよね(^0^)/

ココ「中川船番所」は、寛文元(1661)年に、江戸を出入りする船を取り締まるために小名木川の隅田川口に置かれていた「深川口人改之御番所」が、中川・小名木川・船堀川の交差する中川口に移転し「中川番所」となったんだそうです。。。で、以前から「多分このあたりにあるんじゃないかな~」なんて考えられていたのですが、平成7年の発掘調査で明らかになり、それを記念してこの場所に建てられたんですね~^^

おぉ。。。そこにいらっしゃるのは。。。

nakagawa05.jpg

・・・お代官さまっ!(笑)

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はまずこの「中川番所」で、いってみましょう!

The majority of Koto-ku sits on reclaimed land built up since the Edo period. Many canals were dug along with the landfill construction and these canals have made a big impact on the industry and culture of Koto-ku. The Fukagawa Waterway Station, whose function was to check waterway-bound trades, originally stood by the Onagigawa waterway at the mouth of the Sumida river, however it was relocated to the point where the Nakagawa, Onagigawa, and Funahorigawa waterways meet. It became the Nakagawa Waterway Office in 1661.

It was at one time hypothesized that the exact point where the Nakagawa Station used to stand was at the present day address of 9-1 Oshima, Koto-ku. Archeological evidence including pillars and foundation stones discovered during an excavation in 1995 confirmed this to be the case. Nakagawa Funabansho Museum is situated 50 meters north of this location.

・・・という感じでしょうか。

ではその流れで、やはりコチラの方がよく聞かれる「関所」についても m(_ _)m

Tokugawa shogun placed 53 sekisho (facility for inspection) on major roads across the nation to defend Edo. Hakone Sekisho was one of the largest and was thought to be important among them. Hakone Sekisho was placed on the current location in 1619, during an early period of Edo Era.

One of the main roles of sekisho was to control 'incoming guns and outgoing women', which means to prevent weapons from being brought into Edo and wives and children of feudal lords from fleeing from Edo. However, Hakone Sekisho did not inspect 'incoming guns', and severely inspected 'outgoing women'.

Sekisho, which operated for about 260 years during Edo Era, was dissolved in the next year of 1868, when the government changed.

・・・ですねっと。

そう、この「船番所」は、江戸の水路が整備され、海運が発達したことで、江戸商人たちが稼げるようになった一つの証でもあるんですよね~。。。

・・・ええ、海運で「開運」できたという、オチでございます(←整いましたっ!・笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。