Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

このところバタバタ忙しく、なかなかブログの更新ができなくて、すみましぇん m(_ _)m
私の正体を知る方々からは「夏バテ?」と茶化される始末でございます(T-T)

・・・ええ、「夏バテ」どころか、「夏痩せ」すらしておりません^^
というわけで、まだまだ「道了尊」。

douryouson05.jpg

んんんっ!?コッチじゃないそうで。。。すっかり鼻の調子も悪くなってマス(←季節はずれの花粉症かよっ!)

douryouson06.jpg

あぁ。。。コッチなんですね~。
灯籠だけに、「通ろう」ってヤツですかぁ・・・

・・・あ、ゴメンナサイ。まだオチじゃありません。
もう少しお付き合いくださいまし(笑)

douryouson07.jpg

ようやっと、受付みたいな。。。
でもその先には・・・

douryouson08.jpg

まだ石段が続くんですね(*_*)

douryouson09.jpg

あ、でも「山門」らしきものが見えてきました(^0^)/

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はこの「道了尊」・・・正式には「大雄山最乗寺」が属する宗派、「曹洞宗」でいってみましょう!

Soutou Zen, or the Soutou school is (with Rinzai and oubaku), one of three sects of Zen in Japanese Buddhism.

The Soutou sect was first established as the Caodong sect during the Tang Dynasty in China by Dongshan Liangjie in the 9th century, which Dogen Zenji then brought to Japan in the 13th century. Dogen is remembered today as the co-patriarch of Soutou Zen in Japan along with Keizan Joukin. One of the signature features of this school is found in its practice of shikantaza, a particular approach to zazen which is sometimes referred to as "just sitting" or "silent illumination." Historically speaking, Soto Zen was often given the derogatory term "farmer Zen" because of its mass appeal, while the Rinzai school was often called "samurai Zen" because of the larger samurai following. The latter term for the Rinzai can be somewhat misleading, however, as the Soto school also had samurai amidst its rosters.

The two head temples of the Soutou sect are Eiheiji and Souji-ji. While Eiheiji owes its existence to Dogen, throughout history this head temple has had significantly less sub-temple affiliates than the Souji-ji. During the Tokugawa period, Eiheiji had approximately 1,300 affiliate temples compared to Souji-ji's 16,200. Furthermore, out of the more than 14,000 temples of the Soto sect today―13,850 of those identify themselves as affiliates of Souji-ji. Additionally, most of the some 148 temples that are affiliates of Eiheiji today are only minor temples located in Hokkaido―founded during a period of colonization during the Meiji period. Therefore, it is often said that Eiheiji is a head temple only in the sense that it is "head of all Soutou dharma lineages."

・・・という感じでしょうか。

やっと山門ですね(T-T)

douryouson10.jpg

そもそも近道なんて、ないんでしょうかね~。。。

・・・ええ、ココまで来るだけでも、そうとう(曹洞)大変ですから(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。