Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

「いざ鎌倉編ふたたび」・・・続いては「長谷寺」へ。
トレードマークの入口にある提灯の画は、今回は割愛させていただきます m(_ _)m

まずは本堂へ。

kamakura0005.jpg

基本的に「美しい」デスよね~(^-^)

で、今回ワタシが食いついたのは。。。

kamakura0006.jpg

「千体地蔵」さんたち。。。

kamakura0007.jpg

・・・メチャメチャ多いですね(T-T)
んんんっ、更なる視線を感じます。。。お、おぉぉっ!

kamakura0008.jpg

年末に見かける「第九の合唱団」みたいっスね~^^
あ、もっともココはお寺ですから、聞こえるのは「声明(しょうみょう)」かぁ。。。

・・・え?。。。声明って何か、ですって?

「声明」っていうのは、日本の伝統音楽の一つでして。。。仏典に節をつけたもので、儀礼に用いられる、いわゆる「宗教音楽」なんです。

そもそも「声明」は、古代インドの学問分野(五明・ごみょう)の一つであり、五明とは、声明(音韻学・文法学)・工巧明(工芸・技術論)・医方明(医学)・因明(倫理学)・内明(自己の宗旨の学問、仏教者の場合は仏教学)の5種類の学問分野を指すそうです。で、「声明」は日本への仏教伝来と共に伝わり定着したと言われています。

754年(天平勝宝4年)に東大寺大仏開眼法要のときに声明を用いた法要が行われた記録があり、奈良時代には、声明が盛んにおこなわれていたようです。

そして、平安時代初期に最澄・空海がそれぞれ声明を伝えて、天台聲明(天台宗はこう表記するそうです)・真言声明の基となりました。 またこの天台宗・真言宗以外の仏教宗派にも、各宗独自の声明があり、現在も継承されているそうなんです。

ちなみにこの「声明」の三音階(初重・二重・三重)が、「三重塔」の各層を意味すると言われています。

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はこの「声明(しょうみょう)」で、いってみましょう!

Shomyo refers to the calling of God's name by the Brahman monks of India, the expression of prayer to God, and the versification and voicing of God's teachings (sutra); in other words, the act of chanting. From India, shomyo was transmitted to China, and along with Buddhism, from China to Japan, where it was adopted as part of esoteric Buddhism. The act of chanting shomyo was introduced as a method of salvation, an ascetic practice to be performed by believers themselves.

In the Tendai sect of Buddhism, during the late Heian Period, Ryonin (1072-1132) standardized and compiled the shomyo texts that had been introduced from China sometime in the middle of the 9th century, and built the original shomyo seminary at Raigoin, a temple in the Ohara region of Kyoto. From this time on, Tendai shomyo was called, Tendai Ohara Shomyo. To the south of Sanzenin, a temple in the heart of Ohara, runs the Ryo River, and to the north of it runs the Ritsu River. The Ryo flows wide in a gentle, curving motion, while the Ritsu's current is made up of a group of bouncing billows. By using these characteristics as a metaphor, shomyo was broken down into two styles: ryokyoku and rikkyoku. Simply put, ryokyoku shomyo might be described as foreboding and difficult to understand, as compared to rikkyoku shomyo, which is relatively easy-to-understand and easy-to-remember. Many of the ryokyoku texts are written in Bongo (Sanskrit transliterated into Japanese), and of those that are written in Kango (Chinese characters), most contain only one short extract from the original sutra. Rikkyoku, on the other hand, is made up of a collection of Kango verses. By repeating these phrases and adding a melody, the sutra began to sound like coherent musical compositions. This coherence gave rise to a form, and the flow of the melody created a tempo. The rikkyoku style is believed to have been the basis for many of the distinguishing features of Japanese music, and was later connected to the creation of Japanese traditional music. Which is to say, rikkyoku is musical and songlike whereas, in ryokyoku, chanting strikes the listener as being a stronger element. When structured, as in rikkyoku or music in general, singing becomes a method of communication between human beings. It is a method similar to speaking, which is structured by grammar. However, chanting is the act of linking oneself, as a human being, to God using the spiritual power of the voice. This is, at least, the ideal on which shomyo as it is found in esoteric Buddhism is based.

・・・という感じでしょうか。

しかし。。。何か足りない気が。。。あぁっ!そうかっ!
お地蔵さんに付き物の「赤い」よだれかけが。。。

・・・ええ、やっぱり「千体(戦隊)」ものには「レッド」がいないと(←ヒーローもののオチで来たねっ・笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。