Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

意外な名所に驚き、まだ「品川神社」におりまして。。。
では本殿におまいりするとしましょう(^0^)/

shinagawa_shrine08.jpg

・・・なかなかご立派で。。。まぁ、家康クンゆかりの地ですから^^
今日は珍しく、あの「因縁」もなさそうで。。。(←別に祀られているわけじゃないので・笑)

shinagawa_shrine09.jpg

ちなみに「しめ縄」「賽銭箱」「提灯」といった、通訳ガイドさんにとっては説明てんこもりなものが多いっスね~。

で、その横には。。。

shinagawa_shrine10.jpg

これまた、こじんまりとしていながらご立派で^^

さて、この先なんですが。。。実はココ、もう一つ名所がありまして(一_一☆)

shinagawa_shrine11.jpg

「板垣退助」さんのお墓もあるんですっ!

shinagawa_shrine12.jpg

で、もちろんあの「名言」の石碑もありますね~(嬉)

shinagawa_shrine13.jpg

ではこのあたりで、いつものやつを。
本日はその「板垣退助」さんで、いってみましょう!

Itagaki Taisuke was appointed a Councilor of State in 1869, and was involved in several key reforms, such as the abolition of the han system in 1871. As a sangi (councillor), he ran the government temporarily during the absence of the Iwakura Mission.

However, Itagaki resigned from the Meiji government in 1873 over disagreement with the government's policy of restraint toward Korea (Seikan-ron) and, more generally, in opposition to the Choushuu-Satsuma domination of the new government.

In 1874, together with Gotou Shoujirou of Tosa and Etou Shimpei and Soejima Taneomi of Hizen, he formed the Aikoku Koutou (Public Party of Patriots), declaring, "We, the thirty millions of people in Japan are all equally endowed with certain definite rights, among which are those of enjoying and defending life and liberty, acquiring and possessing property, and obtaining a livelihood and pursuing happiness. These rights are by Nature bestowed upon all men, and, therefore, cannot be taken away by the power of any man." This anti-government stance appealed to the discontented remnants of the samurai class and the rural aristocracy (who resented centralized taxation) and peasants (who were discontented with high prices and low wages). Itagaki's involvement in liberalism lent it political legitimacy in Japan, and he became a leader of the push for democratic reform.

Itagaki and his associations created a variety of organizations to fuse samurai ethos with western liberalism and to agitate for a national assembly, written constitution and limits to arbitrary exercise of power by the government. These included the Risshisha (Self-Help Movement) and the Aikokusha (Society of Patriots) in 1875. After funding issues led to initial stagnation, the Aikokusha was revived in 1878 and agitated with increasing success as part of the Freedom and People's Rights Movement. The Movement drew the ire of the government and its supporters. In 1882, Itagaki was almost assassinated by a right-wing militant, to whom he allegedly said, "Itagaki may die, but liberty never!"

・・・という感じでしょうか。

ちなみにココで水をさすようですみませんが。。。実は板垣さん、「叫んでいない」んですよね~。

明治15年4月に発行された「板垣君凶変詳聞」とか、5月発行の「自由党総理板垣君遭難詳録」には、

  静かな声にて「諸君、嘆ずるなかれ、板垣退助死するも日本の自由は滅せざるなり」と発す。

とあるんですが、これが明治43年発行の「自由党史」には、

  板垣、刺客を睥睨(へいげい)し、叫んで曰(いわ)く「板垣死すとも自由は死せず」と。
  神警の一語、満腔(まんこう)の熱血と共に迸り出て、千秋万古にわたって凛冽(りんれつ)たり。。。

・・・なんでそんな大げさなことに(笑)

まあとにかく、自由を願う志は高く評価され、後に紙幣の「顔」。。。それも「50銭札」に「100円札」と2度もなっているんですよね~。。。

・・・でも、不思議なもんですね。。。お金って、なかなか「自由にならない」もので(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。