Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

突然ですが、いったい選挙はどうなっているんでしょうか!?・・・とこの不況下に政治に目覚めた私。。。
あの政党は誰を神輿に担ぐやら、なんて想像を巡らせております。

・・・あ、神輿!
この間日本通の外国人に聞いたら、英語で「Portable shrine」(携帯神社)だそうです(笑)
急に見たいと思った方は(←そんな人いるのか?)、目黒雅叙園へどうぞ。

かつがれる神社・・・といっても、決して「だまされる」わけではない^^
(けっこう間近で見られますぅ)

別バージョンもありました↓
神の御霊(みたま)を運ぶ乗り物なんです!

では早速この説明をば。

The origin of 'Mikoshi' has various opinions. When Todaiji Temple was constructed by Emperor Shomu, Tamukeyama-Hachimanguu was also built as a village shrine god to transfer a double of Usa-Yahata god to here.
In Tenpyou-shouhou gannen (749), Usa-Yahata god came to the capital in Nara, by taking the vehicle of the emperor with a golden Chinese phoenix shone on the top of the roof (Houren), and it is a prototype of the portable shrine that remains now.

・・・神様の移動手段なんですね~。私は子供時代にお神輿を担ぐ機会があった時、よく「キン消し」(=キン肉マン消しゴム)を、こっそり乗せて怒られました。すみましぇんm(_ _)m・・・。
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。