Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

え~、本日はパシフィコ横浜で開催しております「旅フェア」へ。。。
このイベントは「旅」をテーマに、国内観光地の皆さんとの交流目的で、開催されているそうでございます。では中へと・・・
「旅フェア」会場ですっ!
おおっ!なかなか盛況ですね^^

まずは観光庁さんのブースに立ち寄ります。
観光庁さんのブースにおじゃましました^^

・・・ふむふむ、なるほど。。。
日本のこんなお土産を、外国人の方は好まれるんですね~
この間、谷中のネタで出てきた「招き猫」の姿もあります(^-^)/~・・・勉強になりますなぁ。
外国人のトモダチに「オススメのお土産は?」とよく聞かれるので、ちょいと覚えときましょ^^

さて次は、お世話になってる全旅協さんの所へと。
続いては全旅協さんのブースへ
※ココで個人的な業務連絡・・・素敵なエコバッグありがとうございましたっ!
 重宝しておりますm(_ _)m

・・・さて、次へと・・・おおぉぉっ!
出た~江戸村ニンジャ!
外国人のトモダチに写真送りたいので、とお願いしたら、カッコよくキメてくれました\(^o^)
ニンジャもなかなか、友好的ですね~(←よくわからん感想だね!・笑)

グルルルッツ・・・んんんっ、お腹がすいてきました。。。
飛騨高山といえば、飛騨牛ですねっ(^p^)Y
・・・そうそう、「飛騨」という文字を見るだけで、「飛騨牛」を連想し、お腹がへる私(T-T)
他にもいろいろありますね^^
♪ジン、ジン、ジンギスカ~ン!
折角なので片っ端から食することにしましょう!・・・ウマッ!

・・・あ、そうそう、いつものヤツですよね。
実はこの横浜で生まれたものの中に、通訳ガイドさんに欠かせないものがあるんです。

それは、「和英辞典」。
ローマ字の「ヘボン式」を用いて作られた和英辞典は、ココ横浜が発祥の地なんです!

ではその「ヘボン式」について。

The Hepburn romanization system (Hebon-shiki Roomaji) is named after James Curtis Hepburn, who used it to transcribe the sounds of the Japanese language into the Latin alphabet in the third edition of his Japanese-English dictionary, published at Yokohama in 1887. The system was originally proposed by the Society for the Romanization of the Japanese Alphabet (Roomajikai) in 1885. The Hepburn system was subsequently revised and called Shuusei Hebon-shiki Roomaji. This revised version was referred to as Hyoujun-shiki Roomaji (standard style) before.

Hepburn is based on English phonology, not Japanese, and as such has faced some opposition in Japan. In particular, a September 21, 1937 cabinet ordinance proclaimed an alternative system now commonly known as Kunrei to be Japan's official romanization for all purposes, but this was overturned by the Supreme Commander Allied Powers (SCAP) during the Occupation of Japan. The ordinance was reissued in 1954.

In 1972, a revised version of Hepburn was codified as ANSI standard Z39.11-1972. It was proposed in 1989 as a draft for ISO 3602, but rejected in favor of Kunrei. The Z39.11-1972 standard was consequently deprecated on October 6, 1994.

Although Hepburn is not a government standard, some government agencies mandate it. For example, the Ministry of Foreign Affairs requires the use of Hepburn on passports, and the Ministry of Land, Infrastructure and Transport requires the use of Hepburn on transport signs, including road signs and railway station signs.

In many other areas where it lacks de jure status, Hepburn remains the de facto standard. Signs and notices in city offices and police stations, at shrines, temples and attractions also use it. English-language newspapers and media use the simplified form of Hepburn. Cities and prefectures use it in information for English-speaking residents and visitors, and English-language publications by the Japanese Foreign Ministry use simplified Hepburn too. Official tourism information put out by the government uses it, as do guidebooks, local and foreign, on Japan.

Many students of Japanese as a foreign language learn Hepburn.

・・・と、こんな具合です。

ところでこの「ヘボン」さん、綴りは「ヘップバーン」なんですね~。
ヘップバーンといえば、あの名作「ローマの休日」ですよね^^

では、私もココ横浜で、「ハーマの休日」(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。