Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011.01.21    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ハイ、またまた荒川遊園地デス。

・・・で、私に何が起こったかというと、
こちらも定番!汽車ポッポ(嬉)
汽車です!思わず汽笛を鳴らされました(T-T)
犬も歩けば棒にあたる(A blind man may sometimes hit the hare.)・・・というか、私が歩けば汽車にあたる!(笑)

・・・危なかったっす^^
では先へと進みましょう。。。

ここ荒川遊園地には、動物園もあり、色々な動物に出会ったり、触れることもできます。
小さいコドモなら、ポニーに乗ることもできるんですね~。

あ、ウサギと遊ぶこともできます。
なるほど、ウサギにも色々な種類や、毛並み、尻尾のカタチがあるんだ~。
十人十色(Ten men, ten colors.)・・・というか、十匹十色ですね^^

さらに奥へ、と、ミーアキャットもいました!珍しいですね~(一o一)
ミーアキャットくんじゃぁ~!
(1匹が見張りで立ってる瞬間を撮れたのですが・・・超望遠のため、ピントが甘いです。。。)

あ、木に登って遊んでいた1匹がコケました!(笑)
猿も木から落ちる(Even monkeys fall from trees.)・・・というか、ミーアキャットも木から落ちる(T-T)

ではこの流れで、本日は「日本のことわざ」について。

A Japanese proverb may take the form of:

1) a short saying (言い習わし)
2) an idiomatic phrase (慣用句)
3) a four-character idiom (四字熟語)

Although "proverb" and "saying" are practically synonymous, the same cannot be said about "idiomatic phrase" and "four-character idiom". Not all kan'youku and yojijukugo are proverbial. For instance, the kan'youku 「狐の嫁入り」 kitsune no yomeiri (Literally: a fox's wedding. Meaning: a sun-shower) and the yojijukugo 「小春日和」 koharubiyori (Literally: small spring weather. Meaning: Indian summer – warm spring-like weather in early winter) are not proverbs. To be considered a proverb, a word or phrase must express a common truth or wisdom; it cannot be a mere noun.

Because traditional Japanese culture was tied to agriculture, many Japanese proverbs are derived from agricultural customs and practices. Some are from the Go game (e.g., fuseki o utsu 布石を打つ) and Buddhism and many four-character idioms are from Chinese philosophy written in Classical Chinese, in particular "The Analects" by Confucius. (a frog in a well (井の中の蛙) is Classical Chinese, from Zhuangzi.)

・・・と、こんな感じでしょうか。

私もこのブログ、「三日坊主(A monk for (just) three days.)」にだけはなるまいと心に決めて始めましたが、何だかんだもう30回以上続いてきました。これもひとえに、毎回ご愛読頂いている皆様のおかげでございます。m(_ _)m

・・・おぉっ、ウマさんとウシさんもいますねっ!(嬉)
牛が馬に恋してる!?
よく見ると、隣同士の囲いなんですが、ウシさんが垣根を越えてウマさんにモーションをかけていますっ!種族を超えた愛、なんでしょうか~^^。ウシさんがウマさんの首筋とか耳を舐めて、毛づくろいをしてあげているようです・・・ただ、ウマさんにその気持ちは、伝わっていないのか。。。

この状況を「馬の耳に念仏」といいます(笑)
スポンサーサイト

コメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2011.01.21    編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。