Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

え~、本日は名画座のお話をば。

近年、日本映画の良さが見直されてきています。本年度のアカデミー賞でも、外国語映画賞が「おくりびと」(滝田洋二郎監督)、短編アニメーション賞が「つみきのいえ」(加藤久二生監督)と、日本映画史上初のダブル受賞となりました。

かつては、あの「スターウォーズ」もそのモチーフが黒澤明監督の「隠し砦の三悪人」であったりと、ハリウッド映画界の巨匠が、昔の邦画に感銘を受けた事実もあるんです。

というわけで、飯田橋の「ギンレイホール」へ。
meigaza01.jpg
・・・看板がまずイイですねっ!^^
そしてどこか懐かしい外観。。。
meigaza02.jpg

さて今日は、何を上映してるんでしょうかね~???
meigaza03.jpg
・・・ほほぉーっ。フランスの映画なんですか(嬉)。

そもそも名画座って、邦画ばかりやるのかと思われがちですが、実は洋画の名作も上映しているんです。映画は最初、(作品にもよりますが)結構な額の上映権料を支払わないと、映画館で上映できないんですが、DVDの発売等にあわせて、この上映権料が下がるんですね。そうすると、こういうミニシアターで上映できるようになります。

外国人観光客の方が、名画座の前で突然立ち止まって・・・いったいどうしたのかと思ったら、この方にとって思い出深い作品が上映されていたので懐かしく、と。

いい映画は、観客ひとりひとりの思い出と共に、ずっと行き続けるんですね~^^

ではココで「日本アカデミー賞と、歴代の最優秀作品賞」について。

The Japan Academy Prize, often called the Japan Academy Awards or the Japanese Academy Awards, is a series of awards given annually since 1978 by the Nippon Academy-shou Association for excellence in Japanese film. Award categories are similar to the Academy Awards.

Picture of the Year(最優秀作品賞)

1978 The Yellow Handkerchief(幸福の黄色いハンカチ・山田洋次監督)
1979 The Incident(事件・野村芳太郎監督)
1980 Vengeance Is Mine(復讐するは我にあり・今村昌平監督)
1981 Zigeunerweisen(ツィゴイネルワイゼン・鈴木清順監督)
1982 Station(駅 STATION・降旗康男監督)
1983 Fall Guy(蒲田行進曲・深作欣二監督)
1984 The Ballad of Narayama(楢山節考・今村昌平監督)
1985 The Funeral(お葬式・伊丹十三監督)
1986 Gray Sunset(花いちもんめ・伊藤俊也監督)
1987 House on Fire(火宅の人・深作欣二監督)
1988 A Taxing Woman(マルサの女・伊丹十三監督)
1989 The Silk Road(敦煌・佐藤純彌監督)
1990 Black Rain(黒い雨・今村昌平監督)
1991 Childhood Days(少年時代・篠田正浩監督)
1992 My Sons(息子・山田洋次監督)
1993 Sumo Do, Sumo Don't(シコふんじゃった。・周防正行監督)
1994 A Class to Remember(学校・山田洋次監督)
1995 Crest of Betrayal(忠臣蔵外伝 四谷怪談・深作欣二監督)
1996 A Last Note(午後の遺言状・新藤兼人監督)
1997 Shall We Dance?(Shall we ダンス?・周防正行監督)
1998 Princess Mononoke(もののけ姫・宮崎駿監督)
1999 Begging for Love(愛を乞うひと・平山秀幸監督)
2000 Poppoya(鉄道員・降旗康男監督)
2001 After the Rain(雨あがる・小泉堯史監督)
2002 Spirited Away(千と千尋の神隠し・宮崎駿監督)
2003 The Twilight Samurai(たそがれ清兵衛・山田洋次監督)
2004 When the Last Sword Is Drawn(壬生義士伝・滝田洋二郎監督)
2005 Half a Confession(半落ち・佐々部清監督)
2006 Always Sanchoume no Yuuhi(ALWAYS 三丁目の夕日・山崎貴監督)
2007 Hula Girls(フラガール・李相日監督)
2008 Tokyo Tower: Mom and Me, and Sometimes Dad(東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~・松岡錠司監督)
2009 Departures(おくりびと・滝田洋二郎監督)

・・・以上でございます m(_ _)m

実は私もかつて、映画のエキストラとしてとある作品に参加したのですが、その場面で一緒だった俳優さん(←どういう目線の表現じゃ!)が、その作品で見事「最優秀助演男優賞」を勝ち取ったんですね~。これもひとえに私の光る「脇演技」のたまものかと・・・

・・・誰か、せめてこの私に「最優秀助々演(じょじょえん)男優賞」を!(←焼肉屋かっ!・笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。