Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

・・・やっと江戸に戻ってまいりました~(^o^)/ (←小田原が長かったモンねっ!・笑)

で、本日はちょっとした「粋」(イキ)を感じるために、東京駅北口の「黒塀横町」へ。
kurobei01.jpg
ここは、東京駅北口の地下にありますが、落ち着いた和食のお店や、郷土料理、韓国料理などが揃っています・・・しかもどのお店も美味ですっ!
何よりもこの「黒塀」のある風景が絵になっていて、素晴らしいデス。京都とかの佇まいを感じることができるんですよね^^

奥へと進みましょう!
kurobei02.jpg
・・・当たり前ですが、真っ黒です(笑)

あ、でもコチラ側は白壁になっていますね・・・「白塀横丁」かいっ!(笑)
kurobei03.jpg

イヤイヤ、渋いっス。。。
kurobei04.jpg

こうして歩き回っているだけで、異国情緒(←というかコッチが本来の日本じゃ!)を感じます。
kurobei05.jpg

では本日は、その「粋」について。

"Iki" is a traditional aesthetic ideal in Japan. The basis of iki is thought to have been formed among commoners (chounin) in Edo, pre-modern Tokyo. Among those who are not familiar with Japanese culture, some tend to misunderstand iki as simply "anything Japanese." Iki, however, is one of Japanese aesthetic ideals and requires specific conditions. Samurai are typically thought as devoid of iki. The term got its widespread in modern intellectual circles of Japanese through the book The Structure of "Iki" (1930) by Kuki Shuuzou.

While other Japanese aesthetic ideals, such as wabi-sabi, are almost extinct in today's Japan, iki is widely applied today. An average modern Japanese would find it difficult to translate what wabi-sabi means into English, because its definition relies on certain cultural assumptions. Wabi-sabi continues to influence Japanese culture, although its influence is far less than in pre-modern times. On the other hand, iki is commonly used in conversation or publications.

An iki thing/situation would be simple, improvised, straight, restrained, temporary, romantic, ephemeral, original, refined, inconspicuous, etc. An iki person/deed would be audacious, chic, pert, tacit, sassy, unselfconscious, calm, indifferent, unintentionally coquettish, open-minded, restrained, etc.

An iki thing/person/situation cannot be perfect, artistic, arty, complicated, gorgeous, curved, wordy, intentionally coquettish, or cute.

Iki can be used for almost anything, but especially for people (and their personality and deeds), situation, architecture, fashion, design, etc. It always describes something to do with people, or their will. Iki is not found in nature itself, but can be found in the human act of appreciating the beauty of nature.

・・・と、こんな感じでしょうか。

おや、向こうから渋いお着物を召された方が歩いてきました・・・この風景とで、すごく絵になってますねっ!
ではちょっと、声をかけてみましょう^^

「兄さん、イキですね~」
「いや、帰りです。」

・・・チャンチャン (>_<;)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。