Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

南蛮菓子

ホイサムジャイさま

今日、このブログを発見しました!
とても為になります。
写真も楽しいし、とても面白い記事ばかり!
これからも、立ち寄りますね。

2009.07.12  匿名  編集

Re: 南蛮菓子

この度はマイブログにお越し頂きましてありがとうございます。
今後もネタ拾いに勤しみますので、ぜひお友達もお誘い合わせの上(笑)、ご来訪くださいね^^

この辺はどうでしょうか?とかのリクエストもございましたら、ぜひお教え下さいませ m(_ _)m

2009.07.13  ホイサムジャイ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

え~本日は、代官山におじゃましております。
というのもココには私の行きつけの「イタリア食材店」がございまして、ワインやチーズ、パスタをイートインすることもできるんですっ!(←要は昼間っから一杯やりたいだけでしょ・笑)

ココですっ↓
daikanyama02.jpg
では中へとまいりましょう。
daikanyama03.jpg
おーっ、賑わってますね^^
では軽くヴィーノとピッツァ(←なぜ急にイタリア~ン!?)をいただいてっと Y(^-^)△

・・・晩酌用にフォルマッジオ(チーズのことですっ!←だからなぜイタリア~ン!?)とパンチェッタも購入し準備万端ですっ(笑)

では折角来たので、少し代官山をウロウロしてみましょうかね~。
daikanyama01.jpg
街並みが洗練されているのに、さほど人は多くなく、落ち着いていますね。。。
・・・おや、コレはあの
daikanyama04.jpg
フランスの料理学校「コルドンブルー」さんですねっ(嬉)
私はココの焼き菓子が好きなので、ちょっと購入してきます m(_ _)m

では先へと進みましょう!
もう一つの行きつけ「クリスマスカンパニー」さんへ。
daikanyama06.jpg
ココはクリスマスグッズが1年中買えます。
店内はクリスマス一色なので、ほのぼのとした気分になれるんですよ~ (^o^)/
daikanyama07.jpg
で、サンタさんの飛び出すクリスマスカードを早めに購入(←気が早すぎるって!)

・・・なんか今日は買い物ばかりで、荷物が多いっス。。。
で、せっかくの代官山なんで、「洋菓子」を食べにいきましょっ!

そうそう、この「洋菓子」という言葉は、「和菓子」と対比させる意味で生まれたもので、初めて日本に入ってきたのは、1543年9月23日(旧暦では天文12年8月25日)に種子島に鉄砲が伝来され、南蛮貿易が開始されたのがきっかけなんです。で、当時は「南蛮菓子」と呼ばれていました。

ではこの「南蛮菓子」について。

Nanbangashi is a variety of sweets derived from Portuguese or Spanish recipes, the popular sweets are "Kasutera" named after Castile and "Kompeito" named after Portuguese word confeito, which means a sugar candy. These "Southern barbarian" sweets are on sale in many Japanese supermarkets today.

あ、そうそう、「南蛮貿易」の解説も必要ですよねっ。

Soon after the first contacts in 1543, Portuguese ships started to arrive in Japan. At that time, there were already trade exchanges between Portugal and Goa (since around 1515), consisting of 3 to 4 carracks leaving Lisbon with silver to purchase cotton and spices in India. Out of these, only one carrack went on to China in order to purchase silk, also in exchange for Portuguese silver.

Accordingly, the cargo of the first Portuguese ships (usually about 4 smaller-sized ships every year) arriving in Japan almost entirely consisted of Chinese goods (silk, porcelain). The Japanese were very much looking forward to acquiring such goods, but had been prohibited from any contacts with China by the Emperor of China, as a punishment for Wakou pirate raids. The Portuguese therefore found the opportunity to act as intermediaries in Asian trade.

A Portuguese carrack in Nagasaki, 17th century.From the time of the acquisition of Macau in 1557, and their formal recognition as trade partners by the Chinese, the Portuguese Crown started to regulate trade to Japan, by selling to the highest bidder the annual "Capitaincy" to Japan, in effect conferring exclusive trading rights for a single carrack bound for Japan every year. The carracks were very large ships, usually between 1000 and 1500 tons, about double or triple the size of a regular galleon or a large junk.

That trade continued with few interruptions until 1638, when it was prohibited on the ground that the ships were smuggling priests into Japan.

Portuguese trade was progressively more and more challenged by Chinese smugglers on junks, Japanese Red Seal Ships from around 1592 (about ten ships every year), Spanish ships from Manila from around 1600 (about one ship a year), the Dutch from 1609, the English from 1613 (about one ship per year).

・・・と、こんな感じでしょうか。
ではスイーツで一休みしましょう。。。



んんーっ・・・ウマイっすね!

ご馳走様でした、ではお会計を・・・えぇーっ!結構なお値段がするんですね~(T-T)

なんとかもうちょっとだけお安く・・・お願えしますぅ~お代官やま~(←時代劇かっ!・笑)
スポンサーサイト

コメント

南蛮菓子

ホイサムジャイさま

今日、このブログを発見しました!
とても為になります。
写真も楽しいし、とても面白い記事ばかり!
これからも、立ち寄りますね。

2009.07.12  匿名  編集

Re: 南蛮菓子

この度はマイブログにお越し頂きましてありがとうございます。
今後もネタ拾いに勤しみますので、ぜひお友達もお誘い合わせの上(笑)、ご来訪くださいね^^

この辺はどうでしょうか?とかのリクエストもございましたら、ぜひお教え下さいませ m(_ _)m

2009.07.13  ホイサムジャイ  編集

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。