Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

ついこの間、旅先で見かけた銅像の方が、最近気になっております。
それは、「渋沢栄一」さん。

数多くの名言を残し、わが国の産業発展の礎を作った1人であることは間違いないのですが、晩年、北区の王子に別荘を構え、洋食を振舞いながら国際交流を行っていた所が素晴らしいですよねっ!

で、本日は人との待ち合わせかたがた、その「王子」へおじゃましています。
oji01.jpg
ココ「王子」はかつて、「東洋のリッチモンド」と呼ばれ、海外の方には密かに有名な場所でした。閑静な佇まい、風光明媚な情景、そして江戸時代から明治になっても脈々と続く「おもてなしの心」が、来日観光客のハートを鷲掴みしていたんでしょうね^^

この石神井川沿いの公園が、実はお気に入りなんですっ(^o^)/
oji02.jpg
天気のいい日は、たくさんの親子連れがこの界隈で川遊びをしています。

で、もうひとつのお気に入りが、この「扇屋」さん。
oji03.jpg
ココは、今は玉子焼きの販売のみとなってしまいましたが、数年前までは料亭を営んでいて、多くの文化人たちがココを訪れたそうです。

ちなみにこの扇屋さんは、落語の「王子の狐」という噺の舞台なんですよ^^
あ、この噺については、ぜひ皆さん自身で調べてみて下さい。。。考えオチの、渋い噺ですので(笑)

渋沢栄一さんも、そんな雰囲気に惹かれたのかもしれませんね~。

では、その「渋沢栄一」さんについて。

Shibusawa Eiichi was a Japanese industrialist widely known today as the "father of Japanese capitalism". He spearheaded the introduction of Western capitalism to Japan after the Meiji Restoration. He introduced many reforms including use of double entry accounting, joint stock corporations and modern note-issuing banks.

He founded the first modern bank based on joint stock ownership in Japan. The bank was aptly named The First National Bank (Dai-Ichi Kokuritsu Ginkou, now merged into Mizuho Bank) and had the power to issue its own notes. Through this bank, he founded hundreds of other joint stock corporations in Japan. Many of these companies still survive to this day as quoted companies in the Tokyo Stock Exchange, which Shibusawa also founded. The Japan Chamber of Commerce and Industry was founded by him as well. He was also involved in the foundation of many hospitals, schools, universities (including the first women's university) and charitable organizations including the Japan Red Cross.

Another notable aspect of Shibusawa's career is that, despite being the founder of hundreds of corporations, he refused to maintain a controlling stake in these corporations, effectively preventing himself from forming a zaibatsu. What is known as the Shibusawa zaibatsu was a holding company to look after his estate for his family. The Shibusawa Zaibatsu did not hold any controlling stake in any companies. Despite his lowly origin as a farmer, he was granted the title of Viscount, while all other zaibatsu founders were awarded the title of Baron. He was also awarded Shounii, Second Honour under the ritsuryou rank system, which is usually given to high ranking nobility and prime ministers.

In addition, Shibusawa made efforts to promote exchange of goods and goodwill across national boundaries through private-sector diplomacy. Numerous guests from overseas visited the Shibusawa residence in Asukayama, Ouji, where they talked candidly with him.

・・・と、こんな感じでしょうか。

さて、待ち合わせの「王子稲荷」に来たんですが・・・とっくに時間過ぎているのに、どうしたんでしょうかね~。。。

・・・あぁ、待ち合わせ場所が悪かったんですね。お稲荷様だけに、「コンッ!(来んっ)」(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。