Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

久しぶりに、都内に戻ってまいりました。
で、タイトルのクイズ。。。

「Ksitigarbha」ってどういう意味でしょうか?

答えは後ほど、ということで・・・本日は「巣鴨」におじゃましています^^

togenuki01.jpg

まずはメインストリートから。・・・と、いきなりの「とげぬき地蔵」さんですねっ!

togenuki02.jpg

あ、正式名称は「高岩寺」なんだそうです。

そもそもこの「とげぬき地蔵」さんの由来としては、江戸時代に、武士の田付又四郎さんという方が、夢枕に立った地蔵菩薩のお告げにより地蔵尊の姿を描いた紙を川に流すと、妻の病が回復したことが御影の始まりであるとされています。毛利家の女中が針を誤飲し、御影を飲み込んだ所、針を吐き出すことが出来たという逸話に由来するそうです。 そこから他の病気の治癒改善にも利益があるとされ、常に参拝者が絶えない名所となっています。

では中へと進みましょう!

togenuki03.jpg

・・・やっぱり、きちんと解説されていますねっ^^

さてこの辺で、冒頭のクイズの答えを・・・お察しの通り、「Ksitigarbha」は、「お地蔵様」のコトでございます。それにしても、難しい単語なんですね。。。

ではこのあたりを、本日はこの難しい単語を入れ込みつつ、いってみましょう!

In Japan, Ksitigarbha, known as Jizou, or Ojizou-sama as he is respectfully known, is one of the most loved of all Japanese divinities. His statues are a common sight, especially by roadsides and in graveyards. Traditionally, he is seen as the guardian of children, particularly children who died before their parents. Since the 1980s, he has been worshipped as the guardian of the souls of mizuko, the souls of stillborn, miscarried or aborted fetuses, in the ritual of mizuko kuyou (水子供養). In Japanese mythology, it is said that the souls of children who die before their parents are unable to cross the mythical Sanzu River on their way to the afterlife because they have not had the chance to accumulate enough good deeds and because they have made the parents suffer. It is believed that Jizou saves these souls from having to pile stones eternally on the bank of the river as penance, by hiding them from demons in his robe, and letting them hear mantras.

Jizou statues are sometimes accompanied by a little pile of stones and pebbles, put there by people in the hope that it would shorten the time children have to suffer in the underworld. (The act is derived from the tradition of building stupas as an act of merit-making.) The statues can sometimes be seen wearing tiny children's clothing or bibs, or with toys, put there by grieving parents to help their lost ones and hoping that Jizou would specially protect them. Sometimes the offerings are put there by parents to thank Jizou for saving their children from a serious illness. Jizou's features are commonly made more babylike to resemble the children he protects.

As he is seen as the saviour of souls who have to suffer in the underworld, his statues are common in cemeteries. He is also believed to be the protective deity of travellers, and roadside statues of Jizou are a common sight in Japan. Firefighters are also believed to be under the protection of Jizou.

・・・と、こんな感じでしょうか。
では、折角なので参拝していきましょう (^o^)/

togenuki04.jpg

え、どこか悪いところ・・・「頭」ですかね(T-T)

さて引き続きぶらぶらと・・・しかし、この辺はお年寄りが多い場所だけに、おおむねバリアフリーになっていて、感心しますねっ!

ほら、入口も、「地蔵(自動)ドア」(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。