Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

最近、また読書に目覚めまして・・・
いえいえ、理由は単純で、車内吊り広告で「夏休みの読書感想文」のくだりを読んだだけデス^^

本屋さんでビックリしたのが、最近の「文庫100選」とかの名作シリーズの表紙が、それまでの「タイトル+著者名」程度の味気ないものから、お洒落なイメージ写真に変わっているんですねっ!風で飛びそうな帽子を押さえながら、海辺に佇むお嬢様風の写真、とか・・・しかもコレが大変人気だそうで。。。

では本日は、その文豪たちにゆかりの深い「田端」へ、おじゃまいたしましょう!
駅前には田端に住んだ文豪たちについての資料がある「田端文士村記念館」があります。

tabata01.jpg

今日は何の特別展があるんでしょうかね~。

tabata02.jpg

・・・中はあいにく撮影禁止なのですが、田端に住んだ文豪たちについての解説やゆかりの品物が展示され、興味をそそります。

ココ田端は、明治中期までは閑静な農村だったのですが、明治22年に上野に「東京美術学校」(現・芸大)が開校されると、そこで学ぶ学生や、卒業後も引き続き田端に残り、創作活動を続ける方たちが結構いたんです。小杉放庵さん(画家)、板谷波山さん(陶芸家)、吉田三郎さん(彫刻家)や香取秀真さん(鋳金家)のような「アーティスト」が転入し、また画家さんたちを中心に結成された「ポプラ倶楽部」もこの地で誕生しました。

大正3年に、当時まだ学生だった芥川龍之介さんが田端に居を構え、5年に室生犀星さんがやってくると、一気に文豪たちが田端に転入してきます。菊池寛さん、堀辰雄さん、萩原朔太郎さんに土屋文明さん。。。こうして田端は「文士村」となりました。

で、これがココで貰える地図デス^^

tabata03.jpg

・・・おぉぉっ!教科書で名前を見たことがある有名人のお家が、いっぱいあるんですね w(゜o゜)w
では、散策方々いくつか訪ねてみましょう!

・・・あ、そうそう、いつものヤツでしたね^^
では本日は「芥川龍之介」さんで。

Ryuunosuke Akutagawa (芥川 龍之介); (March 1, 1892 - July 24, 1927) was a Japanese writer active in Taishou period Japan. He is regarded as the "Father of the Japanese short story", and is noted for his superb style and finely detailed stories that explore the darker side of human nature.

In 1914, Akutagawa and his former high school friends revived the literary journal Shinshichou ("New Currents of Thought"), publishing translations of William Butler Yeats and Anatole France along with their own works.

Akutagawa published his first short story Rashoumon the following year in the literary magazine Teikoku Bungaku ("Imperial Literature"), while still a student. The story, based on a twelfth-century tale, with a sharp twist of psychological drama, was largely unnoticed by the literary world, except by noted author Natsume Souseki. Encouraged by the praise, Akutagawa thereafter considered himself Souseki's disciple, and began visiting the author for his literary circle meetings every Thursday. It was also at this time that he started writing haiku under the haigo (or pen-name) Gaki.

These meetings led to Hana ("The Nose", 1916), which was published in Shinshicho, and again highly praised by Souseki. Akutagawa followed with a series of short stories set in Heian period, Edo period or early Meiji period Japan, and were based on the themes of the ugliness of egoism and the value of art. These stories reinterpreted classical works and historical incidents from a distinctly modern standpoint.

Noted examples of these stories include: Gesaku zanmai ("A Life Devoted to Gesaku", 1917) and Kareno-shou ("Gleanings from a Withered Field", 1918), Jigoku hen ("Hell Screen", 1918); Houkyounin no shi ("The Death of a Christian", 1918), and Butoukai ("The Ball", 1920).

Akutagawa was a strong opponent of naturalism, which had dominated Japanese fiction in the early 1900s. He continued to borrow themes from old tales, and giving them a complex modern interpretation, however the success of stories like Mikan ("Mandarin Oranges", 1919) and Aki ("Autumn", 1920) prompted him to turn increasingly towards more modern settings.

In 1921, at the crest of his popularity, Akutagawa interrupted his writing career to spend four months in China, as a reporter for the Osaka Mainichi Shinbun. The trip was stressful and he suffered from various illnesses, from which his health would never recover. Shortly after his return he published his most famous tale, Yabu no naka ("In a Grove", 1922).

で、ご存知の通り、芥川さんは悩みの果てに自殺してしまいます。

Towards the end of his life, Akutagawa began suffering from visual hallucinations and nervousness over fear that he had inherited his mother's mental disorder. In 1927 he tried to take his own life, together with a friend of his wife, but the attempt failed. He finally committed suicide by taking an overdose of Veronal, which had been given to him by Saito Mokichi on July 24 of the same year. His dying words in his will claimed he felt a "vague uneasiness" (「ぼんやりとした不安」). He was only 35 years old.

若くして生涯を閉じられた方々を思うたび、「きっとこの人がもっと生き続けていたら、また違うものを生み出しただろうにな~」と残念に感じる反面、「人間の『悩み』から解放されて、今はきっと幸せだろうな~」とも思えるんですよね。。。

・・・あれ、「今日はテンションが違いますね???」という声が聞こえてきました。。。「よくこんな渋い場所を知っているね~」って?

いえいえ、田端ま(たまたま)デス(←あ~やっちまったなぁ!・笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。