Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

まだまだネタが満載の「ハワイ編」。
本日からワイキキビーチよりちょっと遠出デス^^

やってきたのは、「ドール・プランテーション」。
そう、パイナップルの缶詰で日本でも有名な(←どういう偏見っ??・笑)、「Dole」さんの農場(?)です。

hawaii16_dole1.jpg

ココ「ドール・プランテーション」は、創業者ジェームス・ドールさんがこの地に農園を設立したことを記念して誕生したパイナップル・テーマパークなんです。

では、中へと。。。んんんっ・・・甘いパイナップルの香りでいっぱいですね~(^-^)/
あ!パイナップルのソフトクリームもありますねっ!
では、1ついただきます!

せっかくなので、外で景色でも見ながら食べましょうかね~・・・と!

dole.jpg

お・・・お・・・お・・・き、汽車ポッポ~!(←子供かっ!・笑)
え?パイナップル農園行き?・・・乗りますっ!(嬉)

・・・というわけで、園内を散策。。。

hawaii17_dole2.jpg

さてココで突然ですが、皆さんに問題。
パイナップルはどういう風に実がなるのでしょう?

・・・正解は、コチラ↓
hawaii18_dole3.jpg

で、もう少し手前の状態もあります^^
hawaii19_dole4.jpg

・・・なるほど。花が咲いた後、その下の部分がプクッと膨れてくるんですねっ!

私は結構パイン缶が好きなんですが、日本に帰ったらココを思い出しながら食すると、また美味しさもひとしおになりそうですねっ¥(^0^)◎

そうそう、その「缶詰」・・・ちなみに、日本で初めての缶詰って、何だかご存知ですか?(←今日はクイズが多いっすね~^^)

日本では1871年(明治4年)に、長崎で松田雅典という人がフランス人の指導で、いわしの油漬缶詰を作ったのが始まりとされています。で、明治7年には本格的に缶詰の研究がはじまり、その3年後の明治10年には日本で初めての缶詰工場ができたそうです。

で、そもそもこの「缶詰」ですが、その技術発展は戦争と深く関係しています。

ではこのへんで、いつものやつを。
本日は「戦争が牽引した缶詰の発展」について。

During the first years of the Napoleonic Wars, the notable French newspaper Le Monde, prompted by the government, offered a hefty cash award of 12,000 francs to any inventor who could devise a cheap and effective method of preserving large amounts of food. The larger armies of the period required increased, regular supplies of quality food. Limited food availability was among the factors limiting military campaigns to the summer and fall months. In 1809, a French confectioner and brewer, Nicolas Appert, observed that food cooked inside a jar did not spoil unless the seals leaked, and developed a method of sealing food in glass jars. The reason for lack of spoilage was unknown at the time, since it would be another 50 years before Louis Pasteur demonstrated the role of microbes in food spoilage. However, glass containers presented challenges for transportation.

Glass jars were largely replaced in commercial canneries with cylindrical tin or wrought-iron canisters (later shortened to "cans") following the work of Peter Durand (1810). Cans are cheaper and quicker to make, and much less fragile than glass jars. Glass jars have remained popular for some high-value products and in home canning. Tin-openers were not invented for another thirty years — at first, soldiers had to cut the cans open with bayonets or smash them open with rocks. The French Army began experimenting with issuing tinned foods to its soldiers, but the slow process of tinning foods and the even slower development and transport stages prevented the army from shipping large amounts across the French Empire, and the war ended before the process was perfected. Unfortunately for Appert, the factory which he had built with his prize money was razed in 1814 by Allied soldiers invading France.

で、第一次世界大戦の時には、完全に「兵士にエネルギーの出る食料を、できるだけ多く携帯し、供給するため」という目的になってしまいます(T-T)

Demand for tinned food skyrocketed during World War I, as military commanders sought vast quantities of cheap, high-calorie food to feed their millions of soldiers, which could be transported safely, survive trench conditions, and not spoil in transport. Throughout the war, soldiers generally subsisted on low-quality tinned foodstuffs, such as the British "Bully Beef" (cheap corned beef), pork and beans and Maconochies Irish Stew, but by 1916 widespread boredom with cheap tinned food amongst soldiers resulted in militaries purchasing better-quality food to improve morale, and the complete meals in a tin began to appear. In 1917 the French Army began issuing tinned French cuisine, such as coq au vin, whilst the Italian Army experimented with tinned ravioli and spaghetti bolognese. Shortages of tinned food in the British Army in 1917 led to the government issuing cigarettes and amphetamines to soldiers to suppress their appetites. After the war, companies that had supplied military tinned food improved the quality of their goods for civilian sale.

・・・まあでも、今は我々、缶詰の恩恵にあずかっているわけですから、良しとしましょう。

さて、話を元に戻してと。。。

この「Dole」という会社の創業者、1877年米国マサチューセッツ州生まれのジェームズ・ドールさんは、従兄のサンフォード・ドールさんが大統領を務めていたハワイ共和国(当時)に移住しようと考えました。

で、ジェームズ・ドールさんはオアフ島の中央部の平野に農園を開き、1901年に「ハワイアン・パイナップル・カンパニー社」を創業したそうです。彼はホノルル港近くに工場を建設し、最新鋭の農業機械購入やラナイ島・マウイ島での農園開設で「パイナップル王」と呼ばれるまでになりました。

この「ドール」という名称、実は近年まではブランド名でしたが、1991年に現在の「ドール・フード・カンパニー」という社名になったばかりなんです。

昔は、いちいち手作業で大変だったでしょうね~。
でも今は農業機械が発達したおかげで、随分楽になったんじゃないですか?

そうそう、これで仕事も、はかどーる(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。