Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

風光明媚なビーチと、海亀さんに別れを告げて、次の町へ。。。

・・・と、突然の屋台発見!w(゜o゜)w

hawaii24_mackays1.jpg

え?エビちゃん!!!(某モデルさんではありません。。。念のため)

そう、ココは以前、横浜・大桟橋のハワイアンフェスティバルの回で食べていた「ガーリックシュリンプ」が食べられる屋台なのデス。お店の名前は「Mackays」だそうで・・・

私はエビが大好物のため、当然、いただきます(笑)

hawaii25_mackays2.jpg

んんんっ、ウマっ!(嬉)

この「ガーリックシュリンプ」は、ここオアフ島北部・ノースショア界隈で有名な食べ物でございます。カリッと殻ごと炒めたエビに、ガーリックバターの風味をプラスした、超美味メシなんです!

お店の方に聞いたら、結構日本人の方がいらっしゃるようで・・・そういえば日本人のエビ消費量はかなりのもんだそうですね~。ただ、1996年までは世界一だったのが、97年以降はアメリカにその座を奪われてしまいました。

アメリカの消費量が伸びた理由として、1つは10数年前と比べると半値以下になった価格低下、もう一つは肉を避け、魚介類を摂食するようになった健康志向が挙げられます。

一方、日本はというと、核家族化が進んだため、油調理が半減、このためエビの天ぷらやエビフリャ~(←どーしてここで急に名古屋弁!?・笑)といった、従来愛されていたエビ料理が消費されなくなったそうです。。。エビ好きの私にとっては、大変悲しいニュースで(T-T)

では、本日はこの「天ぷら」について。

Tempura is deep fried vegetable or seafood, which is commonly eaten in Japan. Tempura was introduced to Japan in the mid-sixteenth century by early Portuguese missionaries and traders. Tokugawa Ieyasu, founder and first shogun of the Tokugawa shogunate of Japan, reportedly loved tempura so much that he died after eating too much of it.

で、続いては今までにないパターンを。
「エビの天ぷらの作り方」を英語で説明してみましょう。

1) Remove heads and shells from shrimps without removing tails. Devein the shrimps. Make two or three incisions in the stomach sides of the shrimps.

2) Lightly press the back of shrimps by fingers.

3) Using a knife, remove the dirt from the tails of shrimps.

4) Dry shrimps on paper towels.

5) Mix eggs and ice water in a bowl. Add flour in the egg mixture.

6) Lightly mix the batter.

7) Flour shrimps before frying.

8) Heat vegetable oil to 340F degree in a deep pan.

*To check the temperature of the oil, drop a little tempura batter into the oil. If the batter comes up right away instead of sinking to the bottom of the pan, it's about 360 F degree. If the batter goes halfway to the bottom and comes up, it's about 340F degree.

9) Pick the tail of shrimp and dip shrimp in the tempura batter. Immediately fry the shrimp until crisp.

10) Serve tempura shrimp right away with tempura dipping sauce or salt. Tempura is best served hot.

・・・という感じでしょうか。

ちなみに、何故この「Mackays」さんで食べたかというと、地元のインバウンドの業者さん曰く、

「ガーリックシュリンプを食べに来る日本人が増えて、同業他社がいっぱい出来たが、その殆どは地元 “カフク” 産のエビを使わず、仕入れ値の安い “コナ” 周辺のエビを使っている。ただし、ジモティ(地元民)に言わせると、食感が全然違うので(←カフク産のエビは殻がやや薄手のため、よりカリッとした仕上がりになるとのこと)、カフク産にこだわっているこの店がいいんだよ~」

・・・だそうです。。。

いや、しかし、ホントにウマイっ!
カフクのエビで、シフク(至福)のひととき・・・(←こっちもウマイ?・笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。