Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

え~、ハワイ編が長くてすみません m(_ _)m
海外から客観的に日本を見ることで、比較文化論的なアプローチもできるかな~なんて思いまして^^

さて、本日は・・・

hawaii46_izumo1.jpg

先日のブログ記事「合格祈願もろもろ神頼みの回」(←何じゃそりゃ・笑)で、建物のみ登場いたしました。
実はココ、「ハワイ出雲大社」。
あの後数名の方に「あれ?ハワイ行ったんですか~?お土産は!?」と鋭くツッコまれたんです。

日本の出雲大社は、もはや通訳ガイドの方なら必須の場所ですが、ここハワイにも出雲大社があるんですね~w(゜o゜)w

では鳥居をくぐってと。。。

hawaii47_izumo2.jpg

おおぉっ!なかなか立派じゃぁないですか~^^

さてこの「ハワイ出雲大社」の由来ですが・・・初めて日本からハワイへの移民が始まったのが1868年。1885年にはハワイ王国からの依頼でハワイ政府と日本政府との間に条約が結ばれ、日本からハワイへ移民が送り出されることになりました。この政府間の条約によってハワイに働きに行った日本人移民の人たちを「官約移民」と言ったそうです。

で、出稼ぎで訪れていた人たちの中から、定住する人が増え、1906年の夏に、大国主命を祀るハワイ出雲大社がホノルルに建立されました。島根県の出雲大社の分社として、広島県出身の宮王勝良さんが初代の宮司となり、翌年の1907年に社殿ができると、日本の文化や信仰を続けられる場所として、多くの日系移民の人たちの心の拠り所となったそうです。

しかしながら、第2次世界大戦により宗教法人活動の停止、法人財産の没収、神職の身柄を拘束されるなど、活動を停止されたまま終戦を迎えることになり、終戦後、収容所生活を送っていた2代目宮王重丸宮司さんにより、神社財産返還提訴が行われ勝訴、1968年12月に現在の社殿が移築再建されました。

2006年には「鎮座100周年祭」が賑々しく奉祝され、今もハワイに住む日系人の人たちをはじめ、多くのローカルの人たちと共に、初詣、祭典、年中行事などの活動が毎年行われています。

・・・おや?このままではいつものトーンと違いますね(笑)
では、ネタばらしとまいりましょう!

実はこの「ハワイ出雲大社」、一部マニアの間では大変有名な場所でございます。
それは、「モヤモヤさまぁ~ず2」!

hawaii49_izumo4.jpg

ハワイの大ファンのさまぁ~ずのお2人が、自分のバラエティ番組の中で、たまに「海外編」を行うんですが、ハワイの回では必ず登場する「名所」なんです\(^o^)/
ある意味、私にとっては「聖地」ですねっ(笑)

で、ハワイ出雲大社さんもちゃっかり便乗していますっ!

hawaii48_izumo3.jpg

・・・ビミョーに俗っぽい。。。(T-T)

そんなわけで、本日は当然「出雲大社」デス。

Izumo-taisha is one of the most ancient and important Shinto shrines in Japan. No record gives the date of establishment. Located in Izumo, Shimane Prefecture, it is home to two major festivals. It is dedicated to the god Ookuninushi (Ookuninushi-no-mikoto), famous as the Shinto deity of marriage.

According to the two oldest chronicles of Japan, the Kojiki and Nihon Shoki, when Ninigi-no-Mikoto, grandson of the Sun Goddess Amaterasu, descended from the heavens, the god Ookuninushi granted his country to Ninigi-no-Mikoto. Amaterasu was much pleased by this action and she presented Izumo-taisha to Ookuninushi.

At one time, the Japanese islands were controlled from Izumo, according to Shinto myths. Izumo, known as the realm of gods or the land of myths, is Izumo-taisha's province. Its main structure was originally constructed to glorify the great achievement of Ookuninushi, considered the creator of Japan. Ookuninushi was devoted to the building of the nation, in which he shared many joys and sorrows with the ancestors of the land. In addition to being the savior, Ookuninushi is considered the guardian god and god of happiness, as well as the god who establishes good relationships.

According to the Nihon Shoki, the sun goddess Amaterasu said, "From now on, my descendants shall administer the affairs of state. You shall cast a spell of establishing good relationship over people to lead them a happy life. I will build your residence with colossal columns and thick and broad planks in the same architectural style as mine and name it Amenohisu-no-miya." The other gods were gathered and ordered by Amaterasu to build the grand palace at the foot of Mt. Uga.

There is no knowledge of exactly when Izumo-taisha was built, but a record compiled around 950 (Heian period) describes the shrine as the highest building, reaching approximately 48 meters, which exceeds in height the 45 meter-tall temple that enshrined the Great Image of Buddha, Toudai-ji. This was due to early Shinto cosmology, when the people believed the gods (kami) were above the human world and belonged to the most extraordinary and majestic parts of nature. Therefore, Izumo-taisha could have been an attempt to create a place for the kami that would be above humans.

According to Kojiki, the legendary stories of old Japan, and Nihon Shoki, the chronicles of old Japan, Izumo-taisha was considered the largest wooden structure in Japan when it was originally constructed. Before being known as Izumo Ooyashiro or Izumo-taisha, the shrine was known as Okami-no-miya in Izumo, Itsukashinokami-no-miya, Kizuki-no-Oyashiro, Kizuki-no-miya, or Iwakumanoso-no-miya.

During the Kamakura era, around 1200, the main structure was reduced in size. Then in 1744, the shrine was reconstructed to the present size of 24 meters high and 11 meters square at its base.

In the 18th and 19th centuries, as travel became more common in Japan, the shrine became a central place of pilgrimage.

Since the shrine spirit was settled in the inner shrine in 1744, it has been relocated three times for renovation of the inner shrine, using a traditional ceremony. The relocations took place in 1809, 1881, and 1953.

From 1871 through 1946, the Izumo-taisha was officially designated one of the Kanpei-taisha (官幣大社), meaning that it stood in the first rank of government supported shrines.

In April 2008, the spirit was moved to temporary housing in the front shrine of Izumo-taisha in preparation for the Heisei-era renovations. Izumo-taisha's inner shrine was opened to the public for the first time in 60 years in the summer of 2008.

・・・と、こんな感じでしょうか。

本家「出雲大社」は、縁結びの神様として特に有名ですが、この「ハワイ出雲大社」も同様のご利益があるそうですね~。

ぜひ、ご夫婦や恋人同士で行ってみてください。。。もちろん募集中の方なら、なおさらです。
そして、パートナーが見つかったら、あるいはそばにいるパートナーに、こう想いを伝えましょう!

・・・いづも(出雲)一緒にいてほしい(*^o^*) (←こんなダジャレもいいでしょ?・笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。