Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見

海外から日本に来る外国人観光客の方々に、通訳ガイドの視点から、日本の良さを伝えたい…日頃見慣れた風景もあらためて見れば新鮮に映る、そんな視点で日本を再発見し、通訳ガイドの方もすぐ活用できるように、英語で紹介します。

プロフィール

ホイサムジャイ

Author:ホイサムジャイ
放浪癖あり(笑)。好きなTV番組は「モヤモヤさまぁ~ず」「ちい散歩」「タモリ倶楽部」「ぶらり途中下車の旅」などなど。。。良く言えば「自由人」、悪く言えば「鉄砲玉」(←出たら戻って来んのかい!)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

Admin

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

まだまだ続く「ハワイ編」(笑)
本日の最終目的地は、ハワイの中でも、あまり日本人が行きたがらない場所デス。

とりあえず、やってきたのは「アロハタワー」。

alohatower.jpg

・・・何か川越のブログ記事の回に出てきた、「時の鐘」にカブるものがありますね~^^

ホノルル港にあるこのアロハタワーは、1926年にオープンした歴史ある建造物だそうです。当時は空路でなく、全ての旅行客が船でハワイ諸島へ渡って来ており、80年以上の間、ホノルル港を行き交う人々や貨物を見守り続けているんです。

タワーの四角柱の塔の4側面それぞれには時計が付いていて、HelloとGood-byeの両方の意味をもつ「A-L-O-H-A」の文字が刻印されています。

で、この「アロハタワー」、エレベーターで上に登ることができるんですっ!
というわけで早速。。。

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑(上昇中・・・って、いつもこのパターンっすね・笑)

・・・到着。。。上からの見晴らしは、なかなか素敵です~(^o^)/

hawaii50_alohatower.jpg

んんんっ!? 右奥に見えるのは・・・「パール・ハーバー」!!!
ココからそんなに遠くない場所にあったんですねっ!
これは、行かねばっ!

・・・というわけで、「パール・ハーバー」に移動。
いきなり「象徴的なもの」に出くわしましたっ!(驚)

battleship_missouri.jpg

戦艦「ミズーリ号」デス!

この「ミズーリ号」は、大日本帝国の降伏文書調印式が甲板上で行われたという歴史的な場所です。 ココで行われた降伏調印式は、23分間にわたって世界中に放送され、アメリカ合衆国・イギリス・フランス・オランダ・中華民国・カナダが調印して日本の降伏を受け入れる形になりました。

ちなみにこの船はその後、退役まで朝鮮戦争・湾岸戦争にも参加した、ある意味「歴史の証人」とも呼べる戦艦なんですね~・・・ただ、それだけ、見てきた悲しみの数も、多いんだと思います(T-T)

では、その辺も踏まえて、本日は「真珠湾(パール・ハーバー)攻撃」について。

The attack on Pearl Harbor (or Hawaii Operation, Operation Z, as it was called by the Japanese Imperial General Headquarters) was a surprise military strike conducted by the Japanese navy against the United States' naval base at Pearl Harbor, Hawaii, on the morning of Sunday, December 7, 1941 (Hawaiian time, December 8 by Japan Standard Time), later resulting in the United States becoming militarily involved in World War II. It was intended as a preventive action to keep the U.S. Pacific Fleet from influencing the war Japan was planning to wage in Southeast Asia against Britain, the Netherlands, and the United States. The attack consisted of two aerial attack waves totaling 353 aircraft, launched from six Japanese aircraft carriers.

The attack sank four U.S. Navy battleships (two of which were raised and returned to service late in the war) and damaged four more. The Japanese also sank or damaged three cruisers, three destroyers, and one minelayer, destroyed 188 aircraft, and caused personnel losses of 2,402 killed and 1,282 wounded. The power station, shipyard, maintenance, and fuel and torpedo storage facilities, as well as the submarine piers and headquarters building (also home of the intelligence section) were not hit. Japanese losses were minimal, at 29 aircraft and four midget submarines, with 65 servicemen killed or wounded.

The attack was a major engagement of World War II. It occurred before a formal declaration of war and before the last part of a 14-part message was delivered to the State Department in Washington, D.C. The Japanese Embassy in Washington had been instructed to deliver it immediately prior to the scheduled time of the attack in Hawaii. The attack, and especially the surprise nature of it, were both factors in changing U.S. public opinion from an isolationist position to support for direct participation in the war. Germany's prompt declaration of war, unforced by any treaty commitment to Japan, quickly brought the United States into the European Theater as well. Despite numerous historical precedents of unannounced military action, the lack of any formal declaration prior to the attack led President Franklin D. Roosevelt to proclaim "December 7th, 1941 — a date which will live in infamy".

・・・という感じでしょうか。

今となっては「触れたくない話題」なのかもしれませんが、通訳ガイドとしては、知っておくべきトピックの1つかと思います。。。

・・・そう、ハーバー(幅)広い知識が、欠かせませんから(笑)
スポンサーサイト

コメント

コメントを投稿


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

Copyright ©Yokoso! Japan - 通訳ガイド的日本再発見. Powered by FC2 Blog. Template by eriraha.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。